持続的腎代替療法(CRRT)、急性腎障害患者への腎サポートに使用 継続のための高コスト、治療に伴う合併症、専門家の不足などが市場の成長を抑制

継続的腎代替療法装置(CRRT)の概要

持続的腎代替療法(CRRT)は、重症の急性腎障害のある患者、特に血行動態が不安定な患者に腎サポートを提供するために広く使用されています。溶剤クリアランスのモードにより、様々な異なる方法が使用可能です。CRRTには、主に対流性流体クリアランスを伴う連続静脈血濾過、拡散性溶媒クリアランスを伴う連続静脈血液透析、そして透析と血液濾過の両方を組み合わせた連続静脈血液濾過が含まれます。

重症患者にとって、急性腎障害(AKI)は一般的な合併症であり、重篤な症状や死亡リスクにつながります。ICUに滞在中、AKI患者の約5%から10%は腎代替療法(RRT)を必要とし、死亡率は30%から70%に至ります。RRTを必要とするAKIの発生率は、過去20年間で毎年約10%ずつ増加していいます。

当初は動静脈療法として設計されていた持続的腎代替療法ですが、現在ではほとんどのCRRTの実施にポンプ駆動型静脈外体外循環路が使用されています。ポンプ駆動静脈外回路は、より安定した血流を提供し、大口径カテーテルによる長時間の動脈カニューレーションに関連するリスクを取り除いています。さらに、圧力センサーや空気検出器などの高度な機能が追加されています。CRRTの提供のため、複数の方法が開発されています。

市場の主要なプレイヤーには、Baxter、旭化成メディカル、MEDICA、Infomed、SWS Hemodialysis Care、Fresenius Medical Care、Nxstage Medical、日機装などがあります

厳しい規制ガイドライン、継続的なCRRTのための高コスト、腎代替治療に伴う合併症、CRRTを実行するスキルを持つ専門家の不足などが市場成長の抑制要因となっています。

同市場は、地域別に、米国、EU主要5カ国(ドイツ、スペイン、イタリア、フランス、イギリス)、日本に分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]