胆管ステント:胆道疾患の有病率増加が市場の成長を牽引、低侵襲なプラスチックステントに対する需要が増加

胆管ステントの概要

閉塞性黄疸は悪性・良性に関わらず様々な疾患に起因する一般的な症例です。以前は開腹手術が行われていましたが、1980年代初頭に胆道閉塞症例の治療法として内視鏡的胆管ステント留置術が実施されました。閉塞性黄疸に対しては、肝管空腸吻合術、胆嚢空腸吻合術、胆管空腸吻合術など、素因に応じたホイップル法が手術の選択肢となっていました。胆管ステントは、主要な肝合流部の破壊された分節枝を回復するため、あるいは異常な胆管からの漏出に対して使用されてきました。胆汁漏出を伴う胆管損傷の主な治療目的は、ステントで漏出を回避して胆汁の流れを十二指腸へリダイレクトさせ、流れがとまらない場合は急性期の治療標的に転換することです。

約20年前に胆管ドレナージに対するプラスチック胆管ステントの使用が定義され、現在では胆樹の多くの治療指標にプラスチックステントが使用されています。膵臓疾患への応用も開発されています。これらのステントは悪性と良性の両症例に使用されており、胆樹の減圧が効果的かつ安全であることが証明されています。胆管ステントの緩和的挿入は、外科的バイパス術と同様に、効率的に遠位胆道閉塞を緩和します。

内視鏡的ステント留置による治療は、特に装置設計や挿入技術の面で進歩し続けています。これらの進歩により、現在では、内腔から内腔への固定や、胆膵臓の漏出を軽減することが容易になってきています。

胆管ステントの挿入方法

胆管ステントは、膵胆道疾患の治療に効果的であり有用と見られています。患者は、胆管内に胆管ステントを挿入するために、内視鏡的逆行性胆管膵臓造影検査(ERCP)などの手順を受けます。ERCPは、片方の端にカメラが取り付けられている柔軟なチューブで、人の喉から胃に挿入されるように作られています。胃の中の様子は画面越しに見ることができます。胆管ステントはワイヤーを使用して胆管に挿入されます。適切な位置に胆管ステントを設置しワイヤーを取り出します。処置が行われた後、胆管は効果的に液体を排出することができなければなりません。手術全体の所要時間は平均して約30分から40分です。場合によっては、経皮的経肝的胆管造影検査(PTC)で行われることもあります。

胆管ステント市場の推進要因と障壁

市場の成長は、胆道疾患の有病率の増加、老齢人口の増加によって牽引されています。低侵襲で効率を向上させるプラスチックステントに対する患者の需要は、市場の主要な利点です。一方、厳格化する規制の負担、長期的な有効性の証明、価格設定の圧力、医療機器の消費税は、胆管ステント市場の成長を抑制する可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]