腫瘍向け自動調合装置:医薬品調合ミスを減らすニーズの高まりにより市場は成長、投与コストの削減や汚染リスクの排除が主な利点

腫瘍向け自動配合装置の概要

腫瘍向け自動調合装置(ACD)は、患者に最終投与する何種類かの薬物溶液を共通の容器で調合するために使用されます。発がん性物質を長期間取り扱ったり、がん患者に対し極度に個別化された治療を行ったりする場合、過失のリスクは高まりますが、ACDは細胞障害性薬物の調製にコンピュータ化されたアルゴリズムを使用するため、人為的ミスの排除に役立ちます。

ACDで使用される技術は、主に重量法と体積法の2つがあります。また、化学療法薬は毒性が強く、治療指数が低いため、高精度で薬を調製する必要があります。これらのACDの精度は、調合するボリュームに比例しており、ボリュームが多いほど、デバイスの精度が高くなります。

したがって、メーカーは、調合可能な多様なボリュームを提供することで、あらゆる顧客のニーズを満たします。デバイスは、病院と薬局の両方で採用され、粉体と液体成分の両方を測定します。

ACD市場の成長は、個別化された医薬品や化学療法の分野におけるがん患者の関心の高まり、医薬品調合ミスを減らすためのニーズによって加速しています。病院での1回あたりの投与コストが削減され、溶液を配合しながら汚染リスクを排除できることは、ACD市場の形成に役立つ主な利点です。

しかし、ACDデバイスの購入や設置コストの高さ、ACDに関連する規制が厳しいことが市場の成長を阻害する要因となっています。

自動調合市場は、地域別に、米国、EU主要5ヶ国(ドイツ、スペイン、イタリア、フランス、イギリス)、日本に分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]