ジェンダーディスフォリアの有病率、2017年には3万7241人に到達 米国が最大の市場規模を占める

概要

性別違和(GD)は、その人の身体的または割り当てられた性別と、その人が認識する性別との葛藤が伴います。ジェンダー障害を持つ人々は、しばしば、彼らが自分自身を感じ考える性別と、彼らの物理的に割り当てられた性別が対立しており、重要な苦痛や機能の問題を抱えています。ジェンダー障害を持つ人々は、生物学的事故として自身を犠牲者と感じ、主観的なジェンダー-アイデンティティと互換性のない体に閉じ込められたかのような、悲痛な状態で生活しています。

GDは、特に早期発症が報告されている場合、臨床的に重視すべき苦痛と、社会的、学業的、さらにその他の重要な機能領域の障害に関連します。

治療

トランスジェンダーの治療には、カウンセリング、異性ホルモン、思春期抑制、性別適合手術の4つの効果的な治療法があります。これらの治療は、心理学者、内分泌科医、形成外科医、婦人科医、泌尿器科医、耳鼻咽喉科医、および皮膚科医からなる他分野チームによって最適に提供されます。GDを持つ子供や青年の社会的受容と非差別化が進んでいることから、内分泌ケアを求めるトランスジェンダーの数が増加しています。世界トランスジェンダー健康専門家協会(WPATH)は現在、性同一性障害を持つ患者の健康と幸福を最大化するため、性転換者、トランスジェンダー、性別不適合者の健康管理のための臨床ガイドラインとなる標準ケア(SOC)を発行しています。また、米国、欧州、日本における国別のジェンダー不適応症治療ガイドラインも掲載しています。

ジェンダー表現障害に関連する2つの主要な併存疾患には、自殺念慮と薬物乱用が含まれています。自殺念慮の患者は薬物乱用の患者よりも高い割合が報告されています。

市場は、米国、EU5(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、イギリス)、日本、の地域に分類されています。この主要7市場における性別違和の有病率は、2017年には3万7241人でした。また、2017年の市場規模は、米国が最大を占めており、EU5カ国の中では、1987万米ドルで最大となる英国に対し、フランスが374万米ドルで最小となりました。

GD市場の現在の状況は、高コストの手術を含む既存の治療によるものです。基礎科学とヒト研究による新規管理方法と戦略は、研究の場から臨床の場に効果的に移行させる必要があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]