遺伝子治療におけるアデノ随伴ウイルス(AAV)ベクター市場、疾患に対する認識の高まりと医療費の増加により成長

今後数年の間に、遺伝子治療におけるアデノ関連ウイルスベクター市場は、疾患に対する認識の高まりと、世界的な医療費の増加により成長が見込まれています。

企業と学術界は、遺伝子治療の研究開発においてアデノ随伴ウイルスベクターに影響を与える可能性のある課題の評価と機会の追求に取り組んでいます。開発中の治療法は、疾患状態を治療・改善するための新規アプローチに焦点を当てています。

主要プレイヤーは遺伝子治療におけるアデノ随伴ウイルスベクターの治療法の開発に携わっています。新たな治療法の登場は、遺伝子治療におけるアデノ随伴ウイルスベクターの市場に大きな影響を与えます。

疾患の病態をよりよく理解することは、遺伝子治療におけるアデノ随伴ウイルスベクターの新規治療法の開発に貢献すると考えられます。

異なる開発段階(第Ⅲ相および第Ⅱ相)におけるパイプライン資産の分析、新たなトレンド、およびパイプライン製品の詳細な臨床プロファイル、主要な競合製品、上市時期と製品開発活動の比較分析など、研究開発活動の全体的なシナリオを明らかにすることで、治療ポートフォリオに関する意思決定プロセスをサポートします。

市場は、地域別に、米国、EU主要5カ国(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国)、日本に分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]