オンバンサーティブとアビラテロン:転移性去勢抵抗性前立腺がんの成人患者を対象とした第II相試験において、前立腺特異抗原値の低下を確認

Onvansertib Abiraterone 医薬品の概要

第三世代のファーストインクラスのアデノシン三リン酸阻害剤であるオンバンセルチブは、化学療法や標的薬との併用で有望性を示しています。オンバンセルチブ(PCM-075)と酢酸アビラテロン(ザイティガ)の併用は、オンバンセルチブの開発元であるTrovageneによると、転移性去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)の成人患者を対象とした第II相試験において、評価可能な患者のほとんどで前立腺特異抗原(PSA)値を低下させたと報告しています。EMUC(European Multidisciplinary Congress on Urological Cancers)で発表された結果によると、オンバンサーティブと酢酸アビラテロンによる3ヶ月間の治療後、60%の患者で部分奏効(PR)または病勢が安定していることが示されました。

今後数年で、前立腺がんの市場シナリオは、広範な研究と医療費の増加により世界中に影響を及ぼすと予想されています。これにより市場規模は拡大し、医薬品メーカーは、さらなる市場への参入を実現します。 

企業と学術関係者は、オンバンセルチブとアビラテロンの優位性に影響を与える課題を評価し、市場機会を模索しています。開発中の治療薬は、疾患状態を治療・改善するための新規アプローチに焦点を当てています。

前立腺がんを対象としたその他の新製品が、オンバンセルチブとアビラテロンに市場競争力を与えており、近い将来に後期の新製品が発売されれば、市場に大きな影響を与えることが予測されます。

規制上のマイルストーン、開発活動、およびいくつかの重要な知見の詳細な説明は、オンバンサルチブとアビラテロンの現在の開発シナリオを提供しています。

2020年から2030年までのオンバンサルチブとアビラテロンの予測売上データの詳細な分析は、全体的なシナリオを明らかにすることで、顧客の治療ポートフォリオに関する意思決定プロセスをサポートします。

オンバンサルチブとアビラテロン市場は、地域別に、米国、EU主要5カ国(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国)、日本に分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]