HC-1119:後期前立腺がんの治療薬として開発、広範な研究と医療費の増加により大きく進展

医薬品の概要

HC-1119は、Hinova社が発見した新規化合物です。ARの低分子拮抗薬であり、後期前立腺がんの治療薬として開発が進められています。2016年にNMPAによるINDが承認され、中国で第I相臨床試験が実施されました。2019年1月にFDAにINDを申請し、2019年2月に臨床試験が承認されました。米国、中国、EU、オーストラリア、カナダ、ロシアでは国際的に多剤併用の第III相臨床試験が開始されています。

今後数年で、前立腺がん市場のシナリオは、広範な研究と医療費の増加により、大きく進展すると予想されています。 

企業と学術関係者は、HC 1119の優位性に影響を与える課題を評価し市場機会を模索しています。開発中の治療法は、疾患状態を治療・改善するための新規アプローチに焦点を当てています。

前立腺がんを対象としたその他新製品がHC 1119に市場競争力を与えており、近い将来後期の新興治療薬が発売されれば、HC 1119市場に大きな影響を与えることになります。

2020年から2030年までのHC 1119の売上データの予測分析により、HC 1119の全体的なシナリオが明らかになり、顧客の治療ポートフォリオに関する意思決定をサポートします。

HC-1119市場は、地域別に、米国、EU主要五か国(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国)、日本の7大市場分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]