インターフェロン:ウイルスに反応、宿主細胞内で作られるシグナル伝達タンパク質 抗ウイルス防御力を高める

インターフェロンは、ウイルスのいくつかに反応して、宿主細胞内で作られ放出される、シグナル伝達タンパク質のグループです。典型的なシナリオでは、ウイルスに感染した細胞がインターフェロンを放出し、その近くの細胞が抗ウイルス防御力を高めます。インターフェロンはさらにその亜種に分類されます。

インターフェロンアルファ-2bは、抗ウイルス薬または抗悪性腫瘍薬です。これは、1980年にチューリッヒ大学のCharles Weissmannの研究室で、大腸菌で最初に配列決定され、組換えによって生成されたインターフェロンα-2タンパク質の組換え型です。

インターフェロンβ-1aは、多発性硬化症(MS)の治療に用いられるインターフェロンファミリーのサイトカインです。インターフェロンβ-1aは哺乳類の細胞で産生され、インターフェロンβ-1bは組換えられた大腸菌で産生されます。インターフェロンは、MSの再発率を約18%から38%低下させると報告されています。

インターフェロンのバイオシミラー:市販薬

Bioferon:Biosidus

Bioferonは、Biosidusが開発しています。がん、B型肝炎、C型肝炎、カポジ肉腫の治療薬として承認を取得しています

インターフェロンのバイオシミラー:新薬

Interferon beta-1b biosimilar: Harvest Moon Pharmaceuticals

Harvest Moon Pharmaceuticalsは、多発性硬化症の治療に類似したInterferon beta-1bを開発しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]