インスリングラルギン:I型・II型糖尿病向け長時間作用型インスリン

インスリングラルギン 概要

インスリングラルギンは、ランタスの名前の下で販売されている、I型およびII型糖尿病に使用される長時間作用型インスリンです。通常これは、英国で推奨されており、皮下注射として1日1回使用します。インスリングラルギンは、大腸菌(K12)の非病原性実験室株を生産生物として用いた組換えDNA技術により生産されます。同剤は、A鎖のA21位のアスパラギン残基をグリシンで置換し、B鎖のC末端(B31および32位)に2つのアルギニンを付加することにより、内因性のヒトインスリンとは異なります。得られたタンパク質はpH4で可溶性であり、生理学的pH 7.4で微小沈殿物を形成し、少量のインスリングラルギンの徐放により、薬剤に長時間の作用を可能にし、極端な高濃度を避けることができます。

インスリングラルギン・バイオシミラー:市販薬

Semglee:Mylan / Biocon

Semgleeにはインスリングラルギンが含まれています。これはヒトインスリンに非常によく似た改良型のインスリンです。Semgleeは、成人および2歳以上の子供の糖尿病の治療に使用されます。真性糖尿病とは、体が血糖値を制御するのに十分なインスリンを生成しない病気です。

Abasaglar:Eli Lilly

Insulin glargine biosimilar(Abasaglar)は、真性糖尿病の治療のために認可されています。Abasaglarは、1日1回使用するための基礎型インスリンであり、インスリングラルギンと生物学的に同等です。同剤は、6歳未満の子供の使用は承認されておらず、2型糖尿病の治療には年齢に関わらず使用すべきではありません。

インスリングラルギン・バイオシミラー:新興医薬品

Insulin RinGlar: Geropharm

Insulin RinGlarは、1型真性糖尿病の治療のためにGeropharmによって開発されました。 これは、企業ポートフォリオの5番目のインスリンであり、これによりGeropharm社のヒトインスリンとその類似品のラインが完成することになります。 RinGlarは、ロシアで初めてのインスリン製剤となり、完成品までのフルサイクルで生産されることになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]