ベバシズマブ、がんや特定の眼疾患の治療に使用 がんの種類や重症度などに応じて化学療法との併用が有効

ベバシズマブ:概要

ベバシズマブは、アバスチンという商品名で販売されている薬剤で、多くの種類のがんや特定の眼疾患の治療に使用されています。血管内皮細胞増殖因子(VEGF)が、がん細胞の生存と増殖に関わることを示す多くの証拠があります。VEGFは血管新生、リンパ管新生、腫瘍成長に重要な役割を果たしており、これらはすべて抗がん剤の治療標的として存在しています。2004年には、ベバシズマブ(アバスチン)が特定のがんの治療薬としてFDAの承認を取得し、最初の抗血管新生剤として市場に投入されました。本剤はヒト化IgGモノクローナル抗体で、VEGF-Aと結合して中和することで血管新生を阻害します。一般的にベバシズマブは、がんの種類、重症度、病期に応じて異なる化学療法との併用で使用されています。

ベバシズマブのバイオシミラー:市販薬

Mvasi: Amgen

Mvasi は血管内皮増殖因子阻害剤です。米国食品医薬品局(FDA)は、Mvasi(一般名:ベバシズマブ-awwb)を、複数の種類のがんを対象としたアバスチン(一般名:ベバシズマブ)のバイオシミラー剤として承認しました。本剤は、米国において、がん治療薬として初めて承認されたバイオシミラー剤です。

Bryxta:Zydus

Bryxtaは、チャイニーズハムスター卵巣細胞株で産生された組換えヒト化モノクローナル抗体(1337アミノ酸含有)です。ベバシズマブは血管新生や血管新生を刺激するシグナルタンパク質VEGFと結合し、内皮細胞表面のVEGF受容体(VEGFR)であるFlt-1(VEGFR-1)、KDR(VEGFR-2)との相互作用を阻害します。その結果、腫瘍血管の退縮と新たな腫瘍血管の成長の抑制がもたらされます。

ベバシズマブのバイオシミラー:新興薬

HD204:Prestige BioPharma

Prestige BioPharmaは、複数の固形癌の治療薬としてHD204を開発しています。2019年、Prestige BioPharmaは、アバスチン(ベバシズマブ)に対するバイオシミラー候補HD204の薬物動態(PK)、安全性、免疫原性を評価する第I相臨床試験(SAMSON-I)の良好な結果を発表しました。

GB 222.Genor Biopharma

Genor Biopharma社は、非小細胞肺がんの治療薬としてGB 222を開発しています。現在、第Ⅲ相ステージFの開発段階にあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]