リツキシマブ:非ホジキンリンパ腫、慢性リンパ性白血病などのがんや関節リウマチ、特定の血管疾患の治療薬として使用

リツキシマブは抗体療法の一種で、単独でも化学療法と併用しても使用できます。これらの抗体は、がんが発生する細胞を見つけて攻撃するために、さまざまな目的で有用です。リツキシマブは、がんや一部の健康な血液細胞の表面に存在するCD20タンパク質を標的とし、これに結合します。リツキシマブは、非ホジキンリンパ腫、慢性リンパ性白血病など、特定のタイプのがんの治療に使用されます。本剤は、がん細胞の増殖を遅らせたり、止めたりすることで作用します。いくつかのリツキシマブのブランドは、関節リウマチの治療にも使用され、関節の痛みや腫れを減少させることができます。この薬は、多管性肉芽腫症、顕微鏡的多発血管炎など、特定のタイプの血管疾患の治療にも使用され、血管の腫れを抑えることができます。

リツキシマブは、尋常性天疱瘡の治療にも使用されます。皮膚病変の数を減らすのに役立ちます。

リツキシマブのバイオシミラー:市販薬

Blitzima: Celltrion

Blitzimaは、血液がんや炎症性疾患の治療薬として成人に使用されています。濾胞性リンパ腫、びまん性大細胞型非ホジキンリンパ腫、慢性リンパ性白血病、血管の炎症性疾患である多発性肉芽腫症、顕微鏡的多発性肉芽腫症(MPA)などに使用されます。Blitzimaは、症状によっては他のがん治療薬や副腎皮質ホルモン剤と併用して投与されることがあります。本剤には、活性物質であるリツキシマブが含まれています。

Rixathon: Sandoz

Rixathonは、非ホジキンリンパ腫(濾胞性リンパ腫、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫)、慢性リンパ性白血病のほか、関節リウマチ、多発性肉芽腫症、顕微鏡的多発性血管炎などの免疫疾患にも承認されています。Rixathonは、使用する疾患によって、単独で投与する場合と、抗がん剤やメトトレキサートや副腎皮質ホルモン剤と併用する場合があります

リツキシマブのバイオシミラー:新薬

IBI301: Innovent Biologics

IBI301は、Innovent社とEli Lilly and Company社が共同で開発を進めている注射用組換えヒトマウスキメラ抗CD20モノクローナル抗体であるリツキシマブのバイオシミラー候補です。リツキシマブは、Bリンパ球表面のCD20抗原に結合し、相補体依存性細胞毒性(CDC)と抗体依存性細胞毒性(ADCC)を媒介します。正常および悪性B細胞を標的として破壊することで、抗腫瘍効果や免疫抑制効果を発揮します。

ABP 798: Allergan/Amgen

ABP 798は、リツキサンのバイオシミラー候補品として開発されました。リツキサンは、抗CD20モノクローナル抗体であり、とりわけ成人患者の単独治療、または非ホジキンリンパ腫の化学療法との併用、慢性リンパ性白血病に対するフルダラビンおよびシクロホスファミドとの併用、多発性血管炎を伴う肉芽腫症、グルココルチコイドによる顕微鏡的多発性血管炎などの治療薬として、多くの地域で承認されています。ABP 798の有効成分は、リツキサンと同じアミノ酸配列を有するモノクローナル抗体です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]