濾胞性リンパ腫の市場規模、米国は2017年に7億9900万米ドル到達、期待される新たな治療薬の登場により今後数年間の成長が期待

B細胞リンパ腫の一つである濾胞性リンパ腫(FL)は、低悪性度非ホジキンリンパ腫(NHL)の中で2番目に多いタイプのリンパ腫で、B細胞が悪性細胞に変化することが特徴です。悪性B細胞の異常で制御不能な成長および増殖は、特定のリンパ節領域の拡大、脾臓または骨髄などの他のリンパ系組織への浸潤、他の身体組織や臓器への転移をもたらします。濾胞性リンパ腫という名称は、がん細胞がリンパ節内のクラスターまたは濾胞の集団であるという所見から来ています。

濾胞性リンパ腫の一般的な症状には、首、脇の下、腹部、または鼠径部のリンパ節の腫大、疲労、息切れ、寝汗、および体重減少などがあります。診断時、患者に明らかな疾患の症状がないことがよくあります。濾胞性リンパ腫は通常、治癒が可能であるとは考えられていませんが、慢性疾患として認知されています。その上、患者はこの形態のリンパ腫で何年も生きることができます。濾胞性リンパ腫の根本的な原因は、完全には分かっていません。

米国では、2017年に1万4329件の濾胞性リンパ腫の症例が報告されています。さらに、濾胞性リンパ腫のグレード別の症例はグレードIが最も多く、米国国内では5198件と報告されています。

主要7市場において、2017年の濾胞性リンパ腫の総罹患者数は3万3363人でした。罹患者数は、2017年から2030年にかけて、高いCAGRで増加すると予想されています。主要7市場の中では、米国が最も多くの症例数を占めています。

治療は、症状の管理と、罹患者の健康と幸福の保持に焦点を当てています。病状を正確に判断し、特徴を考慮した上で、身体的ならびに神経学的問題を中心に、治療および管理します。Tazemetostat(Epizyme, Inc.)、Lenalidomide(Celgene Corp.)、CAR-T療法のKymriah(Novartis)、Yescarta(Kite Pharmaceuticals / Gilead)などで、濾胞性リンパ腫の治療用の単剤療法および併用療法が数多く開発されています。

濾胞性リンパ腫の市場展望

濾胞性リンパ腫の市場規模は、2017年から2030年に大幅なCAGRで増加すると予想されています。7つの主要市場の中で、米国は2017年に7億9900万米ドルで最大市場規模を占め、スペインは2017年に5600万米ドルで最小の市場規模を占めました。

濾胞性リンパ腫の治療は、新興治療薬の発売が期待されているため、今後数年間でポジティブな変化が報告されると予測されています

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]