関節リウマチ:多くは30歳から50歳の間で発症、患者の約75%が女性

関節リウマチの概要

関節リウマチ(RA)は、体の関節に悪影響を及ぼす自己免疫疾患または慢性炎症性疾患です。自己免疫疾患は、免疫系が抗体の代わりに抗核体を作り始める症状で、病気の発症時には、免疫反応は主に関節を攻撃し害を与えます。関節リウマチは女性に多く、患者の約75%が女性です。女性の約1%から3%が生涯で関節リウマチになる可能性があります。この病気は30歳から50歳の間に発症することが大多数ですが、何歳からでも発症する可能性があります。

臨床的には、関節リウマチの症状は、初期段階と、治療が不十分なまま迎えた後期段階とで大きく異なります。早期の関節リウマチは、疲労、インフルエンザのような感覚、関節の腫れや圧痛、朝のこわばりなど、全身的な疾患症状を特徴とし、C反応性タンパク質(CRP)および赤血球沈降速度(ESR)の上昇を伴います。対照的に、治療が不十分な関節リウマチは、胸水、肺結節および間質性肺疾患、リンパ腫、小または中程度の動脈の血管炎、角結膜炎、アテローム性動脈硬化症、貧血、白血球減少症などの血液学的異常といった、重篤な全身症状の発現を伴う複雑な臨床像を示します。他にも、好中球減少、好酸球増加、血小板減少、関節のずれ、可動域の喪失、骨びらん、軟骨破壊、およびリウマチ性結節など、関節リウマチ患者の慢性炎症状によって引き起こされるこれらの全身症状は、死亡率の増加をもたらします。

関節リウマチの診断

一般的に、関節リウマチは、患者の症状、医師による検査結果、危険因子の評価、家族歴、超音波検査による関節の評価、および血清中のCRPとESRの上昇レベルや関節リウマチの特異的な自己抗体の検出など、検査マーカーの評価を組み合わせて診断されます。

関節リウマチ患者の3分の2以上が中等度から重度の症状を示し、疾患活動性(DAS)スコアが3.2以上であると報告しています。そして、この段階までに、患者のほとんどは関節の腫れや痛みを経験しており、軟骨の破壊の結果として、関節に不整合による変形が見られる場合もあります。

主な調査結果

2017年の米国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、イギリス、日本における関節リウマチの総有病率は435万6793件に上り、2030年に向けて増加すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]