菌根菌バイオ肥料市場、2029年に16億2,674万米ドル規模到達見込み

市場の概要

菌根菌バイオ肥料の世界市場は、2022年に6億4,814万米ドルの規模に達しました。2023年から2029年にかけて、市場は14.15%のCAGRで成長し、2029年には16億2,674万米ドル規模に達すると予想されています。有機食品への需要の高まりと、菌根菌バイオ肥料の利点に関する意識の高まりにより、市場は活況を呈しています。

菌根菌バイオ肥料は、植物の根と共生関係を結ぶ有益な菌根菌を含む天然の土壌改良剤です。菌根菌は植物の根に入り込み、植物の栄養や水への到達範囲を広げ、栄養の吸収、水の吸収、そして植物の成長全体を向上させます。菌根菌バイオ肥料は、化学肥料の使用を減らし、土壌の健康を促進し、作物の収量向上や農業生産性の向上につながるため、環境に優しく、化学肥料に代わる持続可能な肥料とされています。

市場の動向

菌根菌バイオ肥料の世界市場の主な成長促進要因としては、有機農法の普及、持続可能な農業に対する意識の高まり、食糧安全保障への注目などが挙げられます。近代的な農法を導入し、環境に配慮した農業へのシフトが、市場の成長をさらに後押ししています。企業間では、バイオ肥料メーカーを奨励し、伝統的な農法から有機農法への移行を促進するための複数のプログラムが実施されています。これらの要因により、菌根菌バイオ肥料の利用が促進されています。市場を牽引しているのは、食糧需要の高まりと持続可能な農法、必須作物の栽培におけるこれらのバイオ肥料の優れた効果、土壌中のリン濃度の低減などです。その結果、菌根菌バイオ肥料のメーカーは、有機製品への嗜好の高まりから、需要と供給のギャップを埋めています。しかし、菌根菌バイオ肥料の生産コストが高いことが、市場全体の成長を抑制することが予想されています。

市場に対するCOVID-19の影響

COVID-19のパンデミックは、世界の菌根菌バイオ肥料市場に二重の影響を及ぼしました。プラス面では、パンデミックによって有機食品の需要が高まり、それが菌根菌バイオ肥料の需要を間接的に押し上げました。消費者の健康志向が高まり、有害な化学物質や農薬を使用していない食品を求めるようになったからです。しかし、パンデミックは世界のサプライチェーンにも混乱をもたらし、原材料の不足と生産の遅れを招きました。その結果、菌根菌バイオ肥料の価格が上昇し、農家、特に小規模農家にとって手が届きにくいものとなってしまいました。さらに、パンデミックによって一部の地域では労働力の確保が難しくなり、バイオ肥料の使用を含む農業活動の鈍化につながりました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]