微小電気機械システム市場、2029年に235億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の微小電気機械システム(MEMS)市場は、2022年に142億6,000万米ドルの規模に達しました。2023年から2029年にかけて、市場は7.52%のCAGRで成長し、2029年には235億米ドル規模に達すると予想されています。IoTの導入が進み、産業界全体で高周波MEMSの導入が増加しているため、市場は活況を呈しています。

微小電気機械システム(MEMS)は、デバイスの機械回路と電子回路の小型なシステムです。小型デバイスの様々な部分の寸法は、10~100マイクロメートルに及びます。構造はさまざまで、複雑なものから機能を統合したシンプルな形式まであります。これらは、プライマリープロセッサーと多数の小さなマイクロコンポーネントで構成されています。マイクロセンサー、マイクロアクチュエーター、マイクロエレクトロニクス、マイクロストラクチャーがMEMSの主な構成要素となっています。シリコン、ポリマー、金属、セラミックがMEMSに使用されるコンポーネントです。これらは、デバイスのマイクロレベルで調節、感知、作動、および機能することができる小型の統合デバイスおよびシステムの製造に使用されます。MEMSは消費電力が極めて小さく、技術の進歩に伴い、これらのデバイスの信頼性はより大きなスケールで向上しています。また、デジタルコンパス、加速度センサー、マイクロフォンなど、さまざまなデバイスのセンサーとして採用されています。拡張性、高感度、高周波処理、低消費電力などの利点があり、さまざまな産業で広く活用されています。

市場の動向

世界の微小電気機械システム(MEMS)市場の主な成長要因としては、スマートフォンやその他の携帯機器にMEMSが導入されるようになったことや、航空宇宙、自動車、家電、防衛などさまざまな産業で小型MEMSが急速に採用されたことが挙げられます。MEMSの開発は、数年にわたる技術革新によって加速されてきました。多くの利点はもちろんのこと、これらのデバイスの製造コストの低下がMEMSの開発を促進しています。また、自動車、家電、ヘルスケア技術における半導体デバイスの使用拡大が、MEMSの需要を押し上げると予想されます。マイクロエレクトロメカニカルシステムに基づくセンサーは、安全・安心、ナビゲーション、自動化のために自動車に広く使用されています。そのため、自動車産業の成長がMEMSの拡大を支えています。しかし、MEMSに関連する高い製造コストとテストコストが、市場全体の成長を抑制することが予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]