防火システム市場、2029年に1億4,972万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の防火システムの世界市場は、2022年に1億943万米ドルの規模に達しました。2023年から2029年にかけて、市場は4.61%のCAGRで成長し、2029年には1億4,972万米ドル規模に達すると予想されています。世界中で増加する火災事故や死亡者数、防火プログラム、防火に関する厳しい政府規制への取り組みに注目が集まっていることから、市場は活況を呈しています。

防火システムは、火災や煙の検知、制御、消火を行うだけでなく、建造物の入居者に警告を発し、損害や財産損失のリスクを低減するために採用されています。防火設備には、火災報知機、防火ズボン、消防ホースリール、消火栓設備、プログラム式スプリンクラー設備などが含まれます。世界中の政府は、職場における火災やその他の危険の可能性と影響を低減するために、正確な法律とガイドラインを開発しています。例えば、NFPA3は火災保険やライフセキュリティフレームワークの派遣を標準化し、NFPA4は火災保険やライフセキュリティフレームワークの試験を調整することを標準化しています。これらの取り組みは、火災保険フレームワークの受け入れをグローバルに拡大することに役立っています。住宅や非住宅の建物に防火システムの設置を義務付ける厳しい規則が世界的に実施されていることは、市場の拡大を促進することが予想されています。防火対策は、従業員の安全を確保するために、産業および商業分野で一般的に使用されています。火災事故による財産損失や公共の安全の問題のリスクの増加が、世界市場の成長を支えています。

市場の動向

世界の防火システム市場の主な成長要因としては、企業経営者による防火システムの利用拡大、世界的な火災事故と死亡者数の増加、建築業界の急成長、火災検知における無線技術の導入の増加などが挙げられます。数ある新興国の防火システム導入率は、先進国に比べて低いものでした。その原因の多くは、この製品に対する一般市民の認知度の低さと規制圧力の低下でした。しかし、多くのシステムインテグレーター、メーカー、ディーラーがユーザーの認知度の向上に努めてきました。火災防止への取り組みや、ターゲットを絞ったマーケティングを活用して防火システムの利点を強調することにより、大企業と中小企業双方の関心が高まり、近年、市場は持続的に成長しています。そのため、住宅と非住宅の双方において、火災報知・検知システムの設置機会が増えることが予測されています。商業施設や工業施設では、従業員の安全を確保するために、防火システムに大きく依存しています。また、火災による物的損害が増加していることが市場の成長を牽引しています。さらに、防火システム市場は、さまざまな規制機関による規制、基準、規範の影響を受けています。企業は、基準の強化により、消火システムの導入を余儀なくされています。これらの要因によって、予測期間を通じて市場の成長が促進されることが予測されています。しかし、誤報や検知不良の問題は、市場全体の成長を抑制することが予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]