生分解性プラスチック市場、2028年まで10.4% のCAGRで成長見込み

生分解性プラスチックの市場規模は2021年の61億7,000万米ドルから2028年には122億米ドルに達し、2028年まで10.4%のCAGRで成長すると予想されています。産業界における生分解性プラスチックへの需要の高まり、プラスチック使用に関する政府の規制、環境に優しいプラスチック製品への消費者の好みの高まり、プラスチック使用に伴う環境リスクへの認識は、生分解性プラスチック市場の成長を促進しています。

市場の動向

市場の成長を促進する主な要因として、プラスチック廃棄物の悪影響に対する国民の意識の高まりと、使い捨てプラスチック製品の使用に対する各国政府の禁止措置が挙げられます。さらに、包装や農業における生分解性プラスチックの使用増加が、同市場の成長を後押しすると予想されます。

分解されないプラスチックの廃棄は、地球環境問題の一つとして取り上げられます。この問題に対処するため、各国政府は生分解性プラスチックの使用を奨励し、使い捨てのプラスチックを違法としています。また、環境に優しいという理由から、消費者は生分解性プラスチックにより多くのお金を払うことを望んでいます。

ただし、生分解性プラスチックは水分や温度など特定の環境を必要とするため、自然界で簡単に分解されるものばかりではありません。また、生分解性プラスチックの中には、分解時に温室効果ガスを発生させ、環境に悪影響を与えるものもあります。これらの事実は生分解性プラスチック市場の拡大に影響を与える可能性があります。

100%生分解性プラスチックへの需要拡大

人類の二酸化炭素排出量の削減に貢献する100%生分解性プラスチックへのニーズが、世界中で高まっています。その結果、企業は原油への依存を減らし、埋立地や海での廃棄物の量を減らすために研究開発に投資しています。より環境に優しく安全な製品を求める消費者の声が高まる中、ポリヒドロキシアルカノエート(PHA)を原料とするバイオプラスチックの開発が進んでいます。PHAは生分解性が高く、ポリプロピレン(PP)と同等の物理的特性を持つことから注目されている素材で、同市場に有利な機会を提供することになります。

生分解性プラスチック市場が抱える課題

生分解性プラスチックの問題点として、耐熱性の低さや、水・空気・酸素に対するバリア性の低さが挙げられます。このため、自動車や電子機器など、いくつかの産業分野での普及が妨げられていました。さらに、引張強度や衝撃強度、加工性などの機械的特性の低さも、生分解性プラスチックの浸透に影響を及ぼすと予想されます。このような生分解性プラスチックの性能上の限界は、生分解性プラスチック市場の成長にとって大きな課題となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]