デジタルトランスフォーメーション市場、2028年に1兆4,800億米ドル規模に到達する見込み

世界のデジタルトランスフォーメーション(DX)市場の規模は、2021年に5,582億米ドルに達した後、13.8%のCAGRで成長し、2028年末までに約1兆4,829億米ドルに達すると予測されています。ビッグデータやその他の関連技術がより頻繁に利用されるようになったことが、デジタルイニシアチブの採用・実施とともに、今後の市場拡大を推進する主な要因となっています。

クラウドコンピューティングの利用拡大

ビッグデータ分析、AI、IoT、クラウドコンピューティングなどの最先端技術に対する需要が幅広い業種で高まっていることが、世界のDX市場の前進を促しています。これらの最先端技術は、ビジネス活動にインテリジェンスを統合し、業務効率を向上させながら顧客エンゲージメントを高めるのに役立ちます。インターネットとスマートフォンの普及率の上昇、IT・通信インフラの世界的な整備は、世界のDX市場を牽引する主要な要因の一つです。あらゆる業界の企業が、デジタルプレゼンスを拡大するために多額の投資を行っています。その結果、従来のビジネスからデジタルビジネスへの移行が、世界のDX市場を加速させています。

モバイルデバイスとアプリケーションの採用の加速

モバイルデバイスやアプリケーションの普及により、現代生活のさまざまな場面が変革しています。その結果、多くの業種においてデジタル化が可能になりました。デジタル技術は、世界中の企業や組織が、従来の実店舗での事業をオンラインビジネスへと転換させるために活用されています。Statistaのデータによると、2018年時点の世界のモバイル端末ユーザーは44億7,000万人です。このため、多くの企業がBYOD(Bring Your Own Device)ポリシーを採用するようになりました。BYODとは、従業員がノートパソコンやスマートフォン、タブレットなどの自身のモバイルデバイスを使って、オフィスのネットワークにアクセスできるようにする考え方を指します。この結果、2028年までに同市場に有利な機会を提供することになります。

データセキュリティへの懸念が課題

新しい技術を導入する際、企業データのセキュリティと機密性を維持することが最も重要です。IoTやクラウド技術が急速に普及する中、企業はサイバー攻撃やセキュリティ問題を回避するため、機密性とセキュリティの向上を求めるようになります。クラウドベースやIoT対応サービスの利用が増え、プライバシーやセキュリティ情報の問題がより困難になってきています。より多くのIoT対応デバイスが市場に参入し、危険や攻撃を受けやすくなっているため、セキュリティや機密保持の問題が深刻化することが予測されます。また、ハンドヘルドコンピュータによって、業務データの取得が容易になる可能性もあります。そのため、デジタル技術を適切に活用するためには、適切な情報セキュリティ対策を行うことが必要です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]