工業用酵素市場、2028年に105億米ドル規模到達見込み

市場の概要及び動向

世界の工業用酵素市場は、2022年に76億米ドルの規模に達すると推定されています。今後、市場は2028年まで6.8%のCAGRで成長し、2028年には105億米ドル規模に達すると予想されています。

世界の工業用酵素市場の成長は、工業化、環境に優しい再生可能なエネルギー源やバイオ燃料へのシフト、食品・飲料業界の拡大、急速な技術革新、プロセス時間の短縮、反応の活性化エネルギーの低下、保存性の向上、食品の風味の向上、反応率の向上、食品添加物の使用減少による産業における酵素の使用増加などに起因しています。これらの要因はすべて、工業用酵素の需要を拡大し、予測期間における市場の成長に好影響をもたらすと予想されます。また、工業用酵素市場は、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、クラウドコンピューティングなどの新技術との早い段階における統合により、継続的な成長が期待されている最も活気のある市場の一つです。しかし、安全性の問題、酵素に関連する取り扱い要因、温度やpHに対する感度の高さなどのいくつかの要因が、市場の主な制約要因となっています。酵素は温度に敏感なため、わずかな温度上昇でも汚染される可能性があり、食品や飲料における酵素の化学反応に悪影響を及ぼします。さらに、工業用酵素は強力な化学薬品に代わる持続可能な選択肢とされています。一般的に、製パン、醸造、発酵製品、皮革加工、ホームクリーニング製品における工業用酵素の需要は、世界中の消費者の間で大きな人気を博しています。医薬品や食品産業において、複雑な分子を単純な分子に変換するための触媒として機能するカルボヒドラーゼなどの工業用酵素は、すでに市場でニッチな分野を占めています。このため、世界の工業用酵素市場は、予測期間中に堅調な成長が見込まれています。

主要な市場区分

工業用酵素の世界市場は、タイプ別に、カーボハイドラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ、ポリメラーゼ、ヌクレアーゼに区分されています。炭水化物分解酵素は、炭水化物を糖蜜に変換するための触媒として医薬品や食品産業で幅広く使用されており、市場の成長を加速させています。工業用酵素の世界市場は、エンドユーザーごとに食品・飲料、バイオ燃料、飼料、洗剤、繊維、医薬品・バイオテクノロジー、医療業界、その他に区分されています。食品・飲料分野は、加工食品や健康に配慮した焼き菓子などの需要が数カ国で高まっていること、栄養価の高い食品・飲料製品の製造に工業用酵素が極めて重要であることから、市場を支配しています。

地域別に、市場は北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域(APAC)、ラテンアメリカ(LATAM)、中東・アフリカ(MEA)に区分されています。北米地域は、技術の進歩、工業化の拡大、アルコール飲料の消費量増加、グリーン技術の意識の高まり、および原材料の入手可能性の増大により、市場で最大のシェアを占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]