冷凍食品市場、2028年に3,924億米ドル規模到達見込み

市場の概要及び動向

世界の冷凍食品市場は、2022年に2,683億米ドルの規模に達すると推定されています。2022年から2028年にかけて、市場は6.2%のCAGRで成長し、2028年には3,924億米ドル規模に達すると予想されています。

世界の冷凍食品市場の成長は、都市化、消費者の購買力の上昇、食品・飲料業界の拡大、インスタント食品やコンビニエンス食品の需要増加、急速な技術革新、冷凍ベーカリーやスナック菓子および冷凍肉や魚介類の消費増加などに起因しています。さらに、世界の冷凍食品市場は、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、クラウドコンピューティングなどの新技術との統合により継続的な成長が見込まれている新興市場の一つです。しかし、一部の消費者にとっては、冷凍食品は生鮮食品の下位の代替品と考えられており、これが市場の主な抑制要因となっています。消費者の中には、保存食品、あるいは消費される1年以上前に加工された食品は栄養成分が失われると考える人もいます。しかし、冷凍食品は低温で保存されるため、必要な栄養素が失われることはありません。さらに、製品の鮮度を重視する消費者も多く存在するため、これが世界の冷凍食品市場の成長を低下させる要因となっています。冷凍食品は、消費者のライフスタイルの変化に伴い、すでに市場においてニッチ分野を獲得しています。

主要な市場区分

冷凍食品の世界市場は、流通チャネルに基づいて、オンラインストア、コンビニエンスストア、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、その他に区分されています。スーパーマーケット/ハイパーマーケットセグメントは、COVID-19の蔓延時に冷凍食品の需要が非常に増加したため、最大の市場シェアを占めています。スーパーマーケット事業が急成長したことにより、冷凍果物・野菜、冷凍肉・魚、冷凍加工食品、冷凍スナック、乳製品の販売が増加し、スーパーマーケットではさまざまな冷凍食品が販売されているため、予測期間における市場の成長を牽引すると予想されます。エンドユーザーに基づいて、冷凍食品市場はフードサービス産業と小売業に区分されます。フードサービス産業は、フードサービス産業に関連する冷凍食品の主要な消費者であるため、予測期間中に市場を支配すると予想されます。フードサービス産業には、ホテル、ファーストフード店、ケータリング店などが含まれ、予測期間における冷凍食品市場の成長を後押しすると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]