培養肉市場、2028年に3億2,194万米ドル規模到達見込み

市場の概要及び動向

世界の培養肉市場は、2022年に1億3,840万米ドルの規模に達すると推定されています。2022年から2028年にかけて、市場は17.8%のCAGRで成長し、2028年には3億2,194万米ドル規模に達すると予想されています。

世界の培養肉市場の成長は、都市化、消費者の購買力の上昇、合成肉製品の導入、健康意識の高まり、食品・飲料産業の拡大、急速な技術革新、肉ベースのファーストフードやシーフードの世界的な消費増加に起因しています。また、培養肉市場は、組織工学技術、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、クラウドコンピューティングなどの新技術との早い段階における統合により、継続的な成長が期待されている新興市場の一つです。しかし、一部の消費者は、実験室で培養された肉よりも畜産肉の方が健康的で本来の姿だと考えており、それが市場の主な抑制要因となっています。また、培養肉は新しい概念であり、大衆における認知度がまだ低いため、消費者は市場に多く流通している従来の肉の代わりに培養肉を買うことをためらう傾向があります。さらに、一部の消費者は製品の鮮度を重視し、新鮮な肉や天然の食肉を好むため、市場成長の制約要因となっています。加えて、欧米諸国では、動物愛護を重視する一部の消費者の間で、培養肉製品が大きな人気を集めています。培養肉ナゲットは、消費者のライフスタイルの変化に伴い、すでに市場でニッチな地位を築いています。他にも様々な培養肉製品が上市されており、市場は測期間中に大きく成長すると予想されています。

主要な市場区分

培養肉の世界市場は流通チャネルに基づいて、オンラインストア、コンビニエンスストア、専門店、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、その他に細分化されています。肉の需要が継続的に増加しているため、オンラインストアセグメントが市場を支配しています。急速に成長しているオンライン小売ビジネスは、培養肉ソーセージ、バーガー、ナゲット、ミートボール、ホットドッグなどの販売と入手容易性を高めており、さまざまな培養肉製品がオンラインショッピングで入手できるため、予測期間中の世界の培養肉市場の成長を後押ししています。エンドユーザーに基づいて、世界の培養肉市場はフードサービスと一般家庭に細分化されています。フードサービス業は、関連する培養肉の主要な消費者であるため、予測期間中に市場の最大シェアを占めると予想されています。フードサービス産業には、ホテル、ファーストフード店、ケータリング店などが含まれ、世界の培養肉市場の需要および成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]