スマート家電市場、2028年に731億米ドル規模到達見込み

スマート家電市場は2028年までCAGR12.1%で成長する見込み

スマート家電の世界市場は、2021年に318億米ドルの規模に達しました。2022年から2028年にかけて、市場は12.1%のCAGRで成長し、2028年には731億米ドル規模に達すると予想されています。

スマート家電の世界市場の成長は、インターネットの普及拡大、技術の飛躍的進歩、ワイヤレス通信、スマートフォンの使用率の上昇に起因しています。さらに、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、クラウドコンピューティングなどの新技術の急速な統合が、市場の成長を後押ししています。しかし、データプライバシーとサイバーセキュリティに関連する高いリスクは、市場成長の大きな抑制要因になる可能性があります。

ホームオートメーションに対する需要の高まりがスマート家電市場を牽引する

ホームオートメーションやスマートホームの需要は、一般的に消費者の間で大きな人気を集めています。遠隔操作の利便性やエネルギー効率の高いシステムに対する需要の高まりが、スマート家電の市場成長を大きく促進しています。スマートテレビ、照明ソリューション、冷蔵庫など、さまざまなスマート家電は、消費者のライフスタイルの変化に伴い、すでに市場における地位を確立しています。今後も、さまざまなスマート家電が上市されることにより、市場のさらなる拡大が予想されています。

オンラインストアへの移行がスマート家電市場の成長を促進

スマート家電市場は、販売チャネルによって直接販売チャネルと間接販売チャネルに分類されます。市場では、間接販売チャネルが最も大きな市場シェアを占めています。スマート家電の販売は、卸売業者、小売業者、販売代理店が最も多くなっています。間接販売のオンラインストアとして様々な消費財のウェブサイトが登場しているため、予測期間において間接販売チャネルが最も高い成長率を記録すると予想されています。

スマート家電市場 – エンドユーザー別

エンドユーザーに基づいて、市場は家庭用と商業用に区分されています。消費者の間でホームオートメーションの需要が高まっていることから、家庭用セグメントが最大の市場シェアを占めています。また、家庭での各種家電製品の使用頻度が高く、定期的に使用されていることも市場成長の主要な推進要因となっています。

スマート家電市場 – 地域別

スマート家電市場は、地域別では北米、欧州、アジア太平洋地域、中南米、中東・アフリカに区分されています。消費者の可処分所得の上昇とスマート家電への支出の増加により、アジア太平洋地域が市場を支配しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]