暗号通貨市場、2028年に28億米ドル規模到達見込み

世界の暗号通貨市場は予測期間中にCAGR12.2%で成長見込み

世界の暗号通貨市場は、2021年に13億米ドルの規模に達しました。2022年から2028年にかけて、市場は12.2%のCAGRで成長し、2028年には28億米ドル規模に達すると予想されています。

世界の暗号通貨市場の現在の成長は、いくつかの要因によるものです。高度な技術開発は、暗号通貨の導入を容易にするため、この市場の主要な成長要因の一つとなっています。暗号通貨は暗号技術に基づいて構築されており、サイバーセキュリティが常に脅威にさらされている現代において、安全性の高いデジタルマネーとなっています。さらに、より高い安全性と迅速な処理ができるという利点も、暗号通貨市場の推進要因として作用しています。

ビットコインの人気の高まりが世界の暗号通貨市場を促進

ビットコインの人気は日に日に高まっており、暗号通貨市場に多くの資金が投入されるようになっています。ビットコインは、より高速な取引が可能で、資金の流動化がかなり容易であることが、暗号通貨市場の成長を促す重要な要因の一つとなっています。さらに、ビットコインの価値は非常に変動が激しく、投資家の好奇心を刺激しています。近年、1ビットコインの価値は何倍にも上昇しており、投資対象として優れています。

世界の暗号通貨市場 – 方法別

世界の暗号通貨市場は、方法に基づいて、マイニングとトランザクションに区分されています。トランザクション分野は、低い取引手数料、詐欺防止、セキュリティの向上、分散型システムにより、世界の暗号通貨市場において最大のシェアを占めています。また、国際的な送金もスピーディーに行えるため、その適用範囲が拡大し、市場の成長がさらに加速しています。

暗号通貨の世界市場 – エンドユーザー別

暗号通貨の世界市場は、エンドユーザーに基づいて、銀行、株式市場および仮想通貨、不動産、その他に区分されています。株式市場および仮想通貨セグメントは最大の市場シェアを占めており、予測期間中も最も高い成長率を記録すると予測されています。暗号通貨はすでに株式市場に進出しており、複数の上場企業がビットコインやその他の暗号通貨を取引しています。多くの企業が、商品やサービスの対価としてビットコインを受け入れ始めています。

世界の暗号通貨市場 – 地域別

暗号通貨の世界市場は地域別に、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、ラテンアメリカ、中東・アフリカに区分されています。北米は、米国などの国における規制や法律により、世界の暗号通貨市場を支配しています。米国の暗号通貨取引所の規則は、暗号通貨が合法であり、銀行機密法の規制範囲(BSA)に含まれることを宣言しています。他方で、ドバイなどの中東諸国は、予測期間中に最も高い成長率を記録すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]