オルソバイオロジクス市場、2028年に88億米ドル規模到達見込み

オルソバイオロジクス市場は2028年に88億米ドル規模に達する見込み

世界のオルソバイオロジクス市場は、2021年に62億米ドルの規模に達しました。2028年までの予測期間中、市場は5.20%のCAGRで成長し、2028年には88億米ドル規模に達すると予想されています。

世界のオルソバイオロジクス市場の主要な成長要因としては、ライフスタイルの変化や交通事故などの発生率上昇の結果として、骨折や筋肉、腱、靭帯の損傷の発生率が上昇しているため需要が増加していることが挙げられます。また、スポーツ選手の間でオルソバイオロジクスの導入が進んでいることも、市場成長の推進力となっています。しかし、オルソバイオロジクスはコストが高いため、これが市場の制約要因になる可能性があります。

スポーツ産業における整形外科製品の導入が市場全体の成長を促進

骨折や筋肉の損傷は、スポーツ選手の間で非常に一般的です。しかし、長期の活動停止期間は、アスリートのキャリアを台無しにする可能性があります。そのため、オルソバイオロジクスが提案されています。この治療法は、スポーツ業界で大きな支持を集めています。例えば、米国スポーツ医学会(AMSSM)は、スポーツ医学における再生医療の責任ある使用のための原則に関するポジションステートメントを発表しており、これには、オルソバイオロジクスも含まれています。

整形外科手術の需要増がオルソバイオロジクス市場を牽引する

整形外科は、筋骨格系外傷、脊椎疾患、スポーツ外傷、変性疾患、感染症、腫瘍、先天性疾患などの増加により、需要が拡大しています。先進国における積極的な償還政策や新興国における低コストの治療が、整形外科の需要に大きな影響を与えています。このことは、予測期間においてオルソバイオロジクスの需要を促進すると予想されています。

オルソバイオロジクス市場 – エンドユーザー別

エンドユーザーに基づいて、オルソバイオロジクス市場は、病院、整形外科クリニック、外来診療所、研究・学術機関、歯科クリニックに区分されています。病院、整形外科クリニック、外来診療所が最大の市場シェアを占めています。これは、病院で行われるさまざまな脊髄手術や再建手術において、オルソバイオロジクスが受け入れられていることが主な要因です。さらに、病院で幅広い種類の整形外科製品が入手可能であることも、市場成長の主な要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]