移植診断市場、2028年に64億米ドル規模到達見込み

移植診断市場は2028年に64億米ドル規模に達する見込み

世界の移植診断市場は、2021年に39億米ドルの規模に達しました。2022年から2028年にかけて、市場は7.40%のCAGRで成長し、2028年には64億米ドル規模に達すると予想されています。

さまざまな急性および慢性疾患の有病率が上昇し、臓器不全の症例が増加していることから、臓器移植手術の需要が急速に高まっており、市場は高い成長率で拡大しています。さらに、臓器提供率の上昇を背景とした人々の臓器移植への意識の高まりも、移植診断市場の成長に影響を及ぼしています。しかし、臓器の需要と供給の間に大きなギャップがあることが、移植診断市場の大きな制約要因となっています。

固形臓器移植の需要増が移植診断市場を牽引

移植診断市場は、移植の種類によって、固形臓器移植、幹細胞移植、軟部組織移植、骨髄移植に細分化されています。固形臓器移植は最大の市場シェアを占めています。腎臓移植は、世界中で最も一般的に行われている移植手術のひとつです。

病院や移植センターからの高い需要が移植診断市場を促進

移植診断市場は、エンドユーザーごとに独立研究機関、病院・移植センター、研究所・学術機関に区分されています。病院・移植センターは、移植手術のために病院を訪れる患者の割合が増加していることから、最大の市場シェアを占めています。一方、研究所・学術機関分野は、予測期間中に大きな成長を記録すると予想されています。

移植診断市場 – 用途別

移植診断市場は、用途によって診断用途と研究用途に区分されています。診断用途は、臓器不全の増加により世界的に移植手術の需要が高まっていることから、最大の市場シェアを占めています。一方で、研究用途は、実験室ベースの臓器生産を対象とした研究の増加により、予測期間中に大きな成長を記録すると予想されています。

移植診断市場 – 地域別

移植診断市場は、地域別に、北米、欧州、アジア太平洋地域、中南米、中東・アフリカに区分されています。北米は、同地域における最先端の医療分野と高度な診断機器の開発に向けた多額の投資により、最大の市場シェアを占めています。さらに、熟練した医療専門家の存在や、政府の償還政策による手術への高額な支出も、北米地域の移植診断市場を推進する重要な要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]