スマートメーター市場、2028年に345億米ドル規模到達見込み

スマートメーターの世界市場は2028年までに345億米ドル規模に到達見込み

スマートメーターの世界市場は、2021年に197億米ドルの規模に達しました。2028年までの予測期間中、市場は8.4%のCAGRで成長し、2028年には345億米ドル規模に達すると予想されています。

世界のスマートメーター市場は、エネルギー消費の増加や、ユーザーと電力会社双方のコスト削減のための効率的なエネルギー管理に対する需要の高まりなどの要因により、高い成長率で推移しています。さらに、政府の積極的な取り組みや財政支援、スマートメーターの設置を促進するための補助金も、世界のスマートメーター市場に有利な成長機会を提供しています。

ハードウェアの需要増がスマートメーターの世界市場を牽引

スマートメーターの世界市場は、コンポーネントに基づいて、ハードウェアとソフトウェアに区分されています。スマートメーターの設置は、ほぼすべての地域でまだ初期段階であるため、ハードウェア分野が最大の市場シェアを占めています。そのため、住宅や商業施設に設置するためのスマートメーターハードウェアの需要が高い割合で増加しており、市場全体の成長を後押ししています。一方で、エネルギー消費に関するデータの記録、分析、転送といった基本的な機能はソフトウェアが担っているため、ソフトウェア分野も大きな牽引力となっています。

住宅へのスマートメーター設置の増加がスマートメーターの世界市場の成長を促進

スマートメーターの世界市場は、エンドユーザーに基づいて、住宅用、商業用、産業用に区分されています。住宅用セグメントは、正確な検針を強化し、消費者と電力会社の双方にエネルギー消費量に関するより高い透明性を提供するために、住宅へのスマートメーターの導入を促進する政府の取り組みが強化されており、最大の市場シェアを占めています。一方、商業用セグメントは、サービス部門の拡大やインフラ開発のための商業施設建設の増加により、予測期間中に大きな成長を遂げると予想されています。

スマートメーターの世界市場 – 技術別

スマートメーターの世界市場は、技術によってAMIとAMRに区分されます。スマートメーターの世界市場では、先進的な計測インフラであるAMIが最大の市場シェアを占めています。このタイプの技術は、メーターとサプライヤーの間で双方向通信を提供します。AMI技術で動作するスマートメーターは、電力会社がエネルギー効率を向上させ、顧客サービスを合理化するのに役立つデータを収集・分析します。これらの要因から、AMI分野は予測期間中に大幅な成長を遂げると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]