空カプセル市場、2028年に43億米ドル規模到達見込み

空カプセルの世界市場は2028年に43億米ドル規模到達の見込み

世界の空カプセル市場は、2021年に27億米ドルの規模に達しました。2028年までの予測期間中、市場は7.40%のCAGRで成長し、2028年には43億米ドル規模に達すると予想されています。

世界の空カプセル市場は、様々な慢性疾患や感染症に対する様々な種類の医薬品の需要増加とともに、医薬品や栄養補助食品産業の隆盛により高い成長率で拡大しています。しかし、原料であるゼラチンの不足は、空カプセルの世界市場にとって大きな制約要因になる可能性があります。

栄養補助食品分野の好調が空カプセルの世界市場を牽引

栄養補助食品の需要増加は、予防医療への関心の高まりにより、市場の主要な成長要因の一つとなっています。これらの製品は、生理学的な利点や慢性疾患の予防効果があります。したがって、ライフスタイルの変化や慢性疾患の有病率の上昇とともに、若年労働者の間で大きな人気を集めています。そのため、栄養補助食品の生産量増加に伴い、空カプセルの需要は予測期間中に急増すると見られています。

空カプセル市場 – 治療用途別

空カプセルの世界市場は、治療用途に基づいて、抗生物質・抗菌剤、栄養補助食品、制酸剤・整腸剤、抗貧血剤、抗炎症剤、心血管治療薬、咳・風邪薬、その他の治療用途に区分されます。抗生物質・抗菌剤分野は、世界的な細菌感染症の流行による抗生物質の需要の高まりから、最大の市場シェアを占めています。

空カプセル市場 – 機能別

空カプセルの世界市場は、機能性に基づいて、即時放出型カプセル、徐放性カプセル、および遅延放出カプセルに区分されます。即時放出型カプセルは、鎮痛剤、栄養補助食品、抗菌剤、抗生物質などの製造に多く使用されているため、最大の市場シェアを占めています。一方で、徐放性カプセルもかなりの市場シェアを占めています。

空カプセル市場 – 地域別

地域別に、世界の空カプセル市場は、北米、欧州、アジア太平洋地域、ラテンアメリカ、中東・アフリカに区分されています。北米は、消費者の意識の高まりによる栄養補助食品の需要の増加のため、市場を支配しています。一方、予測期間中は、アジア太平洋地域が最も高い成長率を記録すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]