炭酸ジメチル市場、2028年に13億2,430万米ドル規模到達見込み

炭酸ジメチル市場、2028年に13億米ドル規模超過の見込み

世界の炭酸ジメチル市場は、2021年に8億6,090万米ドルの規模に達しました。2028年までの予測期間中、市場は6.40%のCAGRで成長し、2028年には13億2,430万米ドル規模に達すると予想されています。

消費財、自動車、医療、電気、電子など、さまざまな分野で用途が拡大していることが、市場の成長を促進しています。さらに、生分解性や高い溶解性などの特性も、市場成長を後押ししています。一方で、需要と供給との間に大きなギャップがあることが、炭酸ジメチル市場の制約要因となっています。

インフラ整備と塗料・コーティングの需要増が炭酸ジメチル市場の成長を牽引する

インフラ整備に向けた政府および民間投資の増加に伴い、塗料およびコーティング剤の需要が予測期間中に増加すると予測されています。炭酸ジメチルは塗料やコーティング剤に多く使用されているため、市場成長に直接影響を及ぼすと考えられます。炭酸ジメチルは、塗料、接着剤、洗浄剤などの溶剤として一般的に使用されています。また、新興国を中心に建設活動が活発化していることから、炭酸ジメチルの需要も急増することが予想されます。

ポリカーボネート合成用途における炭酸ジメチルの用途拡大

炭酸ジメチル市場は、用途別にポリカーボネート合成、電池電解質、溶剤、試薬、その他に区分されています。ポリカーボネート合成分野は、市場で最大のシェアを占めています。ポリカーボネートの製造では、炭酸ジメチルは中間体として利用されます。ポリカーボネートは、耐熱性、耐衝撃性、構造安定性、光学的透明性などの高い物理的・化学的特徴を持つエンジニアリングプラスチック材料で、自動車や電気、電子などの最終用途分野で利用されています。

炭酸ジメチル市場 – グレード別

炭酸ジメチル市場はグレード別に、工業グレード(>99.0重量%)、医薬グレード(>99.5重量%)、電池グレード(>99.9重量%)に分類されます。最大の市場シェアを占めているのは工業グレード(>99.0重量%)で、ポリカーボネートの生産によく利用されています。また、殺虫剤の試薬や塗料・コーティングの溶剤としても使用されています。自動車や電気・電子などの最終用途分野でのポリカーボネート需要の増加により、工業グレードの炭酸ジメチルの需要が拡大すると予測されています。

炭酸ジメチル市場 – 地域別

炭酸ジメチル市場は、地域的には北米、欧州、アジア太平洋地域、中南米、中東・アフリカに区分されています。北米は、公共および民間インフラ開発のための建設活動が活発であることから、炭酸ジメチル市場を支配しています。また、大手炭酸ジメチルメーカーの存在も、市場の成長を促進する重要な要因となっています。一方、予測期間中はアジア太平洋地域が最も高いCAGRで成長すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]