バイオスティミュラント市場、2028年に72億米ドル規模到達見込み

バイオスティミュラント市場は2028年までCAGR12%で成長

バイオスティミュラントの世界市場は、2021年に33億米ドルの規模に達しました。2028年までの予測期間中、市場は12.20%のCAGRで成長し、2028年には72億米ドル規模に達すると予想されています。

世界のバイオスティミュラント市場は、有機食品の需要増加と、持続可能で環境に優しい農業への関心の高まりにより、大きく成長しています。さらに、世界人口の増加と、増加する人々の需要を満たすための食糧生産に対するニーズの高まりも、世界のバイオスティミュラント市場の成長要因となっています。

急速な技術革新がバイオスティミュラントの世界市場を牽引する

バイオスティミュラントの分野で導入された技術の急速な進歩と革新は、市場の成長を牽引する主要な要因の一つとなっています。メーカーや研究者は、作物の収量を向上させるために、バイオスティミュラント生産技術の進歩に注力しています。例えば、彼らは、オンファームアプリケーションとデータサイエンスを組み合わせた精密統合手法を導入しています。これは、農家が特定の作物で必要とされるバイオ肥料の量を計算するのに役立ち、農業生産高を高めることができます。

バイオスティミュラントの世界市場 – 作物タイプ別

作物の種類に基づいて、世界のバイオスティミュラント市場は、果物・野菜、穀物、芝・観葉植物、オイルシード・豆類、その他の作物に区分されます。果物・野菜分野は、世界的な人口増加に伴う生産量増加の需要が高まっていることから、最大の市場シェアを占めています。さらに、持続可能な農業技術への注目の高まりと、さまざまな国でのエキゾチックな果物や野菜の輸出入を促進することも、バイオスティミュラント市場の成長に影響を与えています。

バイオスティミュラントの世界市場 – アプリケーションタイプ別

アプリケーションに基づいて、世界のバイオスティミュラント市場は、葉面処理、土壌処理、および種子処理に区分されています。作物の出芽や成長に影響を与える種子や土壌由来の病害虫から種子や苗を保護する必要性が高まっているため、種子処理分野が最大の市場シェアを占めています。種子処理にバイオスティミュラントを使用すると、種子保護に必要な資源を制限することによって全体的な投入コストを削減することができ、これが市場の成長を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]