会話型AI市場、2028年に299億米ドル規模到達見込み

会話型AI市場は2028年にかけてCAGR23.4%を記録へ

会話型AI市場は、2021年に69億米ドルの規模に達しました。2028年までの予測期間中、市場は23.4%のCAGRで成長し、2028年には299億米ドル規模に達すると予想されています。

会話型AI市場は、カスタマーエクスペリエンスを向上させるための企業によるカスタマーサポートサービスの需要の高まりにより、大きな成長を遂げています。さらに、BFSI、メディアおよびエンターテイメント、ヘルスケアおよびライフサイエンス、旅行およびホスピタリティなど、さまざまな業界で会話型AIの導入が進んでいることから、予測期間中の市場に有利な成長機会をもたらすと予測されています。

クラウド型の需要増が会話型AI市場を牽引する

導入形態に基づいて、会話型AI市場はオンプレミスとクラウドに区分されています。クラウド型は、オンプレミス型と比べて柔軟性と費用対効果が高いため、最大の市場シェアを占めています。また、このタイプの導入形態は中小企業の間で人気があります。しかし、大企業の多くは、高い資金力と高度なセキュリティを理由に、オンプレミス型の導入を選択しています。オンプレミス型では、外部からのデータアクセスが制限されるため、市場の成長に好影響を与えています。

アプリベースの統合の普及が会話型AI市場の成長を促進

統合形態に基づいて、会話型AI市場はウェブベース、アプリベース、テレフォニックに区分されています。2021年の市場シェアは、アプリベースが最も大きなシェアを占めています。Googleアシスタント、Alexa、Siriなどのテクノロジーは、世界で最も人気のある会話型AIであり、アプリベースの統合で機能します。しかし、ウェブベースの統合形態も大きな市場シェアを占めています。中小企業のウェブサイト数の増加や、カスタマーサポートのためのチャットサービスに対する需要の高まりが、市場の成長を推進しています。

会話型AI市場 – 技術別

技術に基づいて、会話型AI市場は、機械学習と深層学習、自然言語処理、および自動音声認識に区分されています。2021年の市場シェアは、自然言語処理(NLP)が最も大きなシェアを占めています。会話型AIは、自然言語処理とチャットボットや音声アシスタントなどの従来のソフトウェアを組み合わせ、チャットや音声通信のインターフェースを作成します。NLPは、システムが人間の言葉の意味を理解し、回答や助言を提供するのをサポートします。

会話型AI市場 – 地域別

地域的には、会話型AI市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、ラテンアメリカ、中東&アフリカに区分されています。2021年の会話型AI市場は、北米が優位性を示しました。一方で、アジア太平洋地域は、中小企業やスタートアップ企業の増加や、顧客の問い合わせ要求に対応し効率を高めるために会話型AIを導入する動きが高まっていることから、予測期間中に最も高いCAGRを記録すると予測されます。ヨーロッパも、多国籍コングロマリットの存在により、急速に成長しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]