5Gサービス市場、2028年に6,812億米ドル規模到達見込み

5Gサービス市場、今後5年間で40%超の驚異的な成長を達成へ

5Gサービス市場は、2021年に465億米ドル規模に達しました。2028年までの予測期間中、市場は47.3%のCAGRで成長し、2028年には6,812億米ドル規模に達すると予想されています。

5Gサービス市場の成長は、高速・低遅延通信に対する需要の高まりとともに、さまざまな産業分野での接続機器やIoTセンサーの急増に起因するものです。さらに、超HDライブストリーミング、AR/VR体験、自動化工場、自動運転車など、さまざまな目的による高速5Gサービスの利用が増加していることも、市場に有利な成長機会をもたらしています。

自動運転電気自動車の普及拡大が、市場に有利な成長機会を提供

センサーやIoTデバイスなどを搭載した自動運転車の普及が進んでいることから、予測期間中に5Gサービスの需要が増加すると予想されます。5Gが提供する高速通信により、自動運転車は数秒のうちにリアルタイムの自律的な判断を下すことができ、事故の可能性を防ぐことができます。さらに、5Gネットワークによる高速データ転送は、スマートフォンなどのデバイスにおける予知保全やクラウドを介したデータ転送にも有利になると考えられます。

製造業における産業用モノのインターネット(IIoT)の導入拡大が、5Gサービス市場を牽引する

5Gサービス市場は、産業に基づいて、製造業、メディア・エンターテインメント、政府、エネルギー・公共事業、輸送・物流、ヘルスケア、その他に区分されています。製造業は、効率性の向上およびコスト削減のために業務の自動化に大きく投資しているため、2021年の市場シェアは製造業が最大となっています。しかし、ヘルスケア分野も、特にCOVID-19パンデミックの発生後、遠隔医療とヘルスケアエネルギーの拡大により、大きな成長を遂げています。

5Gサービス市場 – エンドユーザー別

エンドユーザーに基づいて、5Gサービス市場は、消費者と企業に分類されます。先進技術の採用が進み、デバイス、マシン、センサー、クラウドインフラ間のシームレスな接続のニーズが高まっていることから、2021年の市場シェアは企業セグメントが最大となりました。さらに、産業界の急速なデジタル化や、業務の自動化による工場でのインダストリー4.0の導入も、企業セグメントの成長に影響を与えています。

5Gサービス市場 – 地域別

地域的には、5Gサービス市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、ラテンアメリカ、中東・アフリカに区分されています。2021年にはアジア太平洋地域が最大の市場シェアを占めました。同地域の政府や大手通信事業者は、インターネット接続を強化するために5Gネットワークインフラに大きく投資しています。さらに、製造、輸送、物流などのさまざまな産業で、IoT、AIなどを含む先進技術の採用が進んでいることから、予測期間において市場に有利な成長機会を提供すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]