太陽光発電用急速停止装置市場、2022年から2028年にかけて14.2%のCAGRで成長見込み

太陽光発電用急速停止装置の世界市場は成長軌道に – 予測期間(2022~2028年)にCAGR14.2%で成長の見通し

太陽光発電用急速停止装置(PVRSD)の世界市場は、予測期間(2022~2028年)においてCAGR14.2%で成長すると予測されています。太陽光発電用急速停止装置の世界市場は、自然エネルギーへの投資の拡大、ソーラーパネルの需要増、電気自動車の販売増など、いくつかの要因によって牽引されています。このほか、新興国でのインフラ整備や急速な都市化の進展が、予測期間中の太陽光発電用急速停止装置の世界市場の成長を促進すると予想されます。

太陽光発電用急速停止装置(PVRSD)の世界市場を牽引するのは、太陽光発電プロジェクトに対する投資の増加

太陽エネルギーは主要な再生可能エネルギーの一つであり、太陽エネルギーへの投資は活発なペースで伸びています。SEIA(太陽エネルギー産業協会)によると、組織のデータベースには5,000以上の重要な太陽光発電プロジェクトが存在し、合計で140GW以上の容量があります。SEIAのリストによると、米国では73GW以上の重要な太陽光発電プロジェクトが稼働中で、今後5年間に予定されている太陽光発電プロジェクトは237件、総額は580億米ドルにのぼります。

国際エネルギー機関(IEA)によると、技術の急速な革新により、風力や太陽光発電(PV)の導入に費やす1ドルは、10年前に比べて今日4倍のエネルギーを生み出していることになります。中国、インド、ドイツ、フランスなどの国々では、今後、数百万ドル規模のさまざまな太陽光発電投資プロジェクトが予定されています。太陽光発電用急速停止装置は、ユーザーが太陽光発電システムを迅速に停止させ、安全上の危険を防ぐことを可能にします。太陽光発電プロジェクトに対する投資の増加は、市場におけるPVRSDの需要を拡大し、予測期間中の太陽光発電用急速停止装置の世界市場を牽引すると予想されます。

太陽光発電用急速停止装置の世界市場を支配するのは産業用セグメント

太陽光発電用急速停止装置の世界市場は、エンドユーザーに基づいて、住宅用、商業用、産業用の各セグメントに区分されます。2021年には、産業用セグメントが市場を支配し、最大のシェアを占めています。ソーラー財団(SEIA)によると、2020年の太陽光発電設備は、住宅用セグメントの19,123.6MWに対し、公益事業セグメントは60,079.6MW(メガワット)を占めています。さらに、産業用太陽光発電所への投資の増加も、世界の太陽光発電用急速停止装置市場における産業用セグメントの大きなシェアを支えています。

COVID-19の市場への影響

COVID-19は、世界中のあらゆる産業に影響を与え、太陽光発電用急速停止装置市場にも深刻な影響を及ぼしました。世界の太陽光発電用急速停止装置市場は、2020年に太陽光発電の設置量が2019年の水準から18%増の138.2GWに達しました。しかし、市場は、サプライチェーンの問題、キャッシュフローの制約、労働力の低さ、COVID-19の感染拡大によって大きな影響を受けました。各国政府によるロックダウンの解除に伴い市場は回復の兆しを見せましたが、2021年に世界的に半導体が不足し、市場の成長に悪影響を及ぼしています。しかしながら、太陽光発電分野への投資拡大により、今後数年間は急速な成長を遂げると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]