水素生成市場、2028年に2,493億米ドル規模到達見込み

水素生成の世界市場は2028年に2,493億米ドル規模に達する見込み

世界の水素生成市場は、2021年に1,439億米ドルの規模に達しました。2022年から2028年にかけて、市場は9.1%のCAGRで成長し、2028年には2,493億米ドル規模に達すると予想されています。

クリーンで環境に優しい燃料の需要増加に伴い、燃料に含まれる硫黄分やその他の有害なガスを管理・抑制するための厳しい政府規制とともに、汚染レベルの上昇により、水素生成の世界市場は今後数年間でさらに成長することが予想されます。様々な業種における水素の用途と利用の拡大が、主要な推進要因になると予想されています。

脱炭素化と有利な政府規制への注目の高まりが水素生成市場の成長を後押しする

脱炭素化とは、一次エネルギーの二酸化炭素排出量を長期的に削減することを指します。世界のエネルギーシステムの脱炭素化は、今日の最も差し迫った課題の一つです。そのため、グリーンエネルギー技術や、水素のようなよりクリーンなエネルギー源に対する需要が高まり、水素生成市場の成長を促進しています。さらに、二酸化炭素の排出を最小限に抑えるための政府の積極的な取り組みも、市場の成長に大きく寄与しています。水素はクリーンなエネルギー燃料であるため、石油への依存度を減らし、温室効果ガスやその他の汚染物質を削減することが期待されています。水素は、バイオマス、風力、太陽光、原子力、クリーンな化石燃料など、実質的にあらゆるエネルギー源から大量に生産することが可能となります。そのため、製造された水素は発電に利用することができ、将来のエネルギーシステムの需要と供給のバランスをとることができます。水素関連研究開発への投資拡大や、主要自動車メーカーによる水素燃料への注目の高まりは、予測期間を通じて市場を後押しすると予想されます。

アプリケーション別では、石油精製セグメントが最大シェアを占める

水素生成の世界市場は、用途別にメタノール生産、アンモニア生産、石油精製、その他に区分されます。石油精製セグメントは2021年に43.74%と最も高い市場シェアを占めており、予測期間中さらに拡大することが予想さ れています。アンモニア生産セグメントは、2021年に2番目に大きなシェアを占めています。アンモニアプラントは、製造された水素の相当量を消費します。水素は、多くの場合、アンモニア工場で化石燃料源からオンサイトで製造されています。この用途は、その使いやすさとコストの低さから、従来から広く導入されています。肥料製造工程では、アンモニアが広く使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]