ソーシャルメディアアナリティクス市場、2028年に171億米ドル規模到達見込み

ソーシャルメディアアナリティクス市場は今後5年間で23%以上のCAGRで成長へ

ソーシャルメディアアナリティクス市場は、2021年に39億米ドルの規模に達しました。市場は23.40%のCAGRで成長し、2028年には171億米ドル規模に達すると予想されています。

ソーシャルメディアアナリティクス市場は、スマートフォンの普及やインターネットへのアクセス性の向上により、ソーシャルメディアユーザーが急増していることなどが要因となり、高い成長率を示しています。さらに、顧客体験の向上、ブランド認知度の向上、ユーザーエンゲージメントの強化に注目が集まっていることも、市場に有利な成長機会をもたらしています。ただし、ソーシャルデータマイニングに関する基準や規制がないことが、市場成長の大きな抑制要因として作用する可能性があります。

営業・マーケティング管理におけるソーシャルメディアアナリティクス活用の高まりが市場成長を牽引する

ソーシャルメディアアナリティクス市場は、用途に基づいて、営業・マーケティング管理、顧客体験管理、公共安全・法執行、競合情報、リスク管理、不正検知、その他に区分されています。これらの中で、営業・マーケティング管理は最大の市場シェアを占めています。これらのツールは、企業がターゲットとする消費者のブランド認知度を高めるとともに、ウェブサイトへのトラフィックと売上を増加させるのに役立ちます。ソーシャルメディアアナリティクスは、データを使用してエンゲージメントを強化し、ビジネスの成長を促進するのに有効であることが分かっています。

クラウド導入モデルの増加がソーシャルメディアアナリティクス市場を推進

ソーシャルメディアアナリティクス市場は、導入モデルに基づいて、オンプレミスとクラウドに区分されます。クラウドセグメントは、費用対効果の高さとスケーラビリティの機会の多さから、最大の市場シェアを占めています。この導入モデルでは、企業は要件と財務能力に基づいて、さまざまな種類のソーシャルメディアアナリティクスツールを追加または削除することができます。さらに、クラウドは、コストを最小限に抑えるとともに、データの冗長性を低減するためにも有効であり、これが市場成長の主要な原動力となっています。

ソーシャルメディアアナリティクス市場 – エンドユーザー別

ソーシャルメディアアナリティクス市場は、エンドユーザーによって、銀行、金融サービス、保険、通信・IT、小売・Eコマース、ヘルスケア・ライフサイエンス、政府・防衛、メディア・エンターテインメント、旅行・接客、その他に区分されています。Eコマース分野が最大の市場シェアを占めており、リードジェネレーション、消費者行動の追跡、市場の動向の予測、それに応じた商品の仕入れなど、さまざまなタスクの実行にますます活用されており、事業収益の向上に非常に役立つことが証明されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]