紙製玩具市場、2017年から2027年までの予測期間中、4.7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

紙製玩具市場は、2017年~2027年の予測期間中に4.7%のCAGRで成長すると予想されています。紙製玩具は、楽しみながら運動能力の向上や集中力の強化などをサポートするものとして、低年齢層の子どもたちの間で人気が高まっています。さらに、様々な種類の紙を使用した多様な紙製玩具や、マーベルフィギュア紙人形やアニメフィギュア紙人形などの人気フィギュアが急速に流入していることも、ターゲット層を惹きつけ、市場の成長を促進しています。

中国や日本で生まれたとされる紙製玩具は、世界的に資本主義的な市場を形成しています。紙製玩具にはさまざまな種類がありますが、組み立て方はそれぞれ微妙に異なります。紙製玩具を作るには、折り紙のように折ったり、切ったり、塗ったり、組み立てたりして、模型や人形を作ります。紙の価格が下がっていることや、再生紙を使用する傾向が強まっていることから、紙製玩具は玩具市場で勢いを増しています。さらに、各国の政府やNGOも紙製玩具の市場を促進するために名乗りを上げています。2011年には、大手非政府環境団体グリーンピースが、レゴ社、ハズブロ社、マテル社(およびディズニーなどの他の玩具メーカー)に対し、パルプや紙製品を購入するための新しいガイドラインを導入することで、「玩具やパッケージに持続可能な森林製品を継続的に使用するための基準を設ける」よう要請しました。

市場の成長要因

1.紙製玩具エンジニアリングの新興分野

世界の紙製玩具市場の成長を促進する要因として、紙工学の分野が注目されています。応用物理学や生命科学の技術を駆使して、革新的な紙製玩具や副産物を生み出しており、今後数年間で市場を活性化させる可能性があります。また、教育機関では、紙工学をフルタイムのコースとして教えており、資格を取得してさまざまな技術を開発する専門家が増えていることから、予測期間中に市場が拡大することが予想されます。例えば、日本の製紙技術者である中村春樹氏は、パズルから切り紙製玩具まで、興味深い紙製品を提供しています。

2.紙製玩具の治療効果の高まり

子どもたちの間でスマートフォンやおもちゃの普及が進み、心身の問題が深刻化しています。専門家によると、スマートフォンの習慣的な使用は、成長期の子どもたちの対人能力や対人関係能力に直接影響を与え、心身の健康リスクを引き起こす可能性があるとのことです。そこで、電子玩具を紙製玩具に置き換えることを提案しています。紙製玩具は、子どもの創造力や想像力、社会性や感情を高めるためのより効果的な手段として認識されつつあります。また、紙製玩具は、子どもたちの言語能力の発達や向上にも効果的です。これらの要因が、今後数年間の紙製玩具の需要を押し上げると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]