医療用ゴーグル市場、2027年に7億7,810万米ドル規模到達見込み

市場の概要

医療用ゴーグル市場は、予測期間中8.4%のCAGRで成長し、2027年には7億7,810万米ドル規模に達すると予測されています。医療用ゴーグルが提供する安全面でのメリットに対する認識の高まりや、医師や病院スタッフなどの医療従事者の保護に関する厳格な規制により、世界の医療用ゴーグル市場はここ数年で急速に成長しています。また、COVID-19の発生を受けて、医療用ゴーグルの需要が大幅に増加しています。

医療用ゴーグルは、主に目を保護するために設計されており、液体、化学物質、蒸気、霧、煙、スプレーなどのダメージを与える粒子から目を守ります。医療用ゴーグルは、医療従事者が口腔内の分泌物を吸引したり、開放型の外科手術を行う際に着用するため、医療業界で広く利用されています。医療用保護ゴーグルは、バリアーとしての役割のほかに、感染物質が目に入るのを防ぐ役割も果たします。例えば、防曇ゴーグルは、様々な方向から飛来する呼吸器系の飛沫、噴霧から目を保護する信頼性と実用性を備えています。さらに、新しいデザインの医療用ゴーグルは、処方箋付きの眼鏡の上からでも違和感なく装着でき、隙間も最小限に抑えられています。

WHOやCDCが医療用ゴーグルの使用を推奨していることに加え、敏感な環境で作業する際には保護具を使用することが政府の厳しい規制により義務付けられており、医療用ゴーグルの需要が高まっています。例えば、インドの保健家族福祉省(Union Ministry of Health and Family Welfare)の標準作業手順書によると、医療用ゴーグルはPPEキットの必須アイテムであり、使用後は生物医学的廃棄物として処分しなければなりません。しかし、インド基準局(BIS)の品質基準を満たした医療用ゴーグルは、適切に消毒した後、再利用することができると同省はアドバイスしています。

市場の成長要因:外科手術の増加と感染症の蔓延

医療用ゴーグルは、細菌やその他の有害な粒子から医療従事者の目を保護するという重要な役割を担っています。外科医や医師が開腹手術を行う際には、血液や血液由来の物質の飛散を防ぐために、標準的な医療用ゴーグルを着用する必要があります。様々な病状を治療するための外科手術の需要が高まっていることから、医療用ゴーグルの市場は世界的に大きく成長しています。また、医療用ゴーグルは、眼球露出による感染症のリスクから作業者を保護するのに非常に有効であり、これも市場成長に影響を与えています。

市場の制約要因:新興国における安全性への懸念と規制の弱さ

新興国では、医療費が安いことから、メディカルツーリズムが盛んに行われています。しかし、これらの国々では、医療従事者の安全性に関する規制や支出が不足しているという深刻な問題があり、これが医療用ゴーグルの世界市場にマイナスの影響を与えています。外科手術を除いて、医療施設では医療用ゴーグルの使用はあまり目立ちません。さらに、新興国では現地の偽物の医療製品が多く出回っていることも市場に悪影響を与えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]