脂肪族アルコール市場、2027年に84億米ドル規模到達見込み

市場の概要

脂肪族アルコール市場は、予測期間中6.3%のCAGRで成長し、2027年には84億米ドル規模に達すると予測されています。世界の脂肪族アルコール市場の成長には、パーソナルケア、医薬品、クリーニング、可塑剤などのエンドユーザー産業における需要の増加など、いくつかの要因があります。さらに、特定の商品を製造するための生分解性製品の需要が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。

脂肪族アルコールは、脂肪酸に似た性質を持つ直鎖の高分子一級アルコールです。このタイプのアルコールは生分解性があり、ほとんど毒性がありません。そのため、脂肪族アルコールは消費に適しています。脂肪族アルコールは、植物や動物に含まれるさまざまな天然油脂を原料としています。しかし、多くの脂肪族アルコールは石油化学製品からも調製されます。商業的に重要な脂肪族アルコールには、ステアリル、ラウリル、オレイルなどがあります。この種の液体脂肪族アルコールは無色で油性です。脂肪族アルコールは、乳化剤、増粘剤、エモリエント剤、潤滑剤として様々な産業で使用されています。

市場の成長要因

1.界面活性剤の需要拡大

洗剤、湿潤剤、乳化剤、発泡剤、分散剤などの形で、界面活性剤の需要が市場で大きく伸びています。このような界面活性剤の成長に伴い、脂肪族アルコールの世界市場も繁栄すると予測されています。シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、制汗剤などのパーソナルケア製品のメーカーは、さまざまな地域で高まる顧客の需要に応えるため、幅広い製品を提供しています。また、製品の開発やアップグレードのために研究開発活動を行っており、これが世界の脂肪族アルコール市場を押し上げる要因になると考えられます。

2.バイオベースの製品と再生可能資源へのシフトの増加

脂肪族アルコールは、ディーゼル燃料やジェット燃料などの化石燃料の代替品として期待されています。再生可能資源や持続可能性へのシフトが進む中、脂肪族アルコールの需要は予測期間中に大幅に増加すると予想されます。脂肪族アルコールは、石油化学製品や植物由来のオイルから製造されますが、これらは持続可能で信頼性が高く、拡張性のある代替品です。脂肪族アルコールは、製造業において幅広い用途があるため、産業界ではエネルギー源としての利用が増えています。これにより、脂肪族アルコールの市場は成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]