キャンプ用品市場、2027年に72億530万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のキャンプ用品市場は、予測期間中4.9%のCAGRで成長し、2027年には72億530万米ドル規模に達すると予測されています。キャンプ用品市場は、アウトドア・レクリエーションに対する人々の関心の高まり、環境に配慮したキャンプ用品の需要、多様なキャンププログラム、革新的なキャンプ用品などの要因により、大きく成長してきました。さらに、グランピング、オーバーランディング/ブンドッキング、キャンプ場のアメニティ、私有地のリストアップ、またはブティックキャンプ場の出現は、予測期間中のキャンプ用品市場の成長をさらに後押しするものと考えられます。

都市や町から離れた屋外で、自然や野生動物に囲まれて行うレクリエーション活動をキャンプと定義しています。キャンプでは、テントを張ったり、キャラバンやタイニーハウス、キャビンに宿泊したりします。しかし、ほとんどのキャンプ旅行では、人々はテントに滞在することを好みます。ハイキング、トレッキング、釣り、ラフティング、サイクリングなどの冒険的なアクティビティは、しばしばキャンプに関連しています。キャンプ旅行中に何もないところで何かを手に入れるのは不可能に近いので、適切なキャンプ用品やギアを持つことは不可欠です。

市場の成長要因:屋外レクリエーション活動への参加者の増加

屋外レクリエーション活動への参加者の増加は、特にヨーロッパや北米などの地域において、世界のキャンプ用品市場の成長を促す重要な要因となっています。ライフスタイルや考え方の変化、人口動態、レクリエーション支出の増加、屋外レクリエーション活動がもたらす身体的・精神的なメリットなどの要因が、消費者の屋外レクリエーション活動への参加を促しています。「2021 North American Camping Report」によると、旧来のキャンパーとは異なり、新世代のキャンパーはさまざまなアウトドア・レクリエーション活動に興じようとしています。

バックパック・ハイキングと釣りは、キャンパーの間で最も好まれているアウトドア・アクティビティです。しかし、「2021 North American Camping Report」では、これらのアクティビティは、2019年と比較して2020年に5倍以上に増加した初めてのキャンパーにはあまり人気がないことに言及しています。報告書によると、240万人のキャンパーが初めての旅行をすると予想されていましたが、実際には1,010万人になったとのことです。若い世代や初めてキャンプをする人たちの間でアウトドア・レクリエーション活動の傾向が強まっていることや、これらの活動に伴う健康上のメリットが、世界のキャンプ用品市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]