中央調剤薬局オートメーション市場、2027年に7億7,710万米ドル規模到達見込み

市場の概要

中央調剤薬局オートメーション市場は、慢性疾患の増加と薬局部門における自動化の必要性によって牽引されています。薬局の自動化が容易になったことで、1日の処方箋枚数が150枚程度の薬局でも調剤ロボットを導入できるようになりました。

中央調剤薬局オートメーション市場は、予測期間中10.3%のCAGRで成長し、2027年には7億7,710万米ドル規模に達すると予測されています。この市場の成長は、特殊な薬剤調剤に対する世界的な需要の高まりに起因しています。中央調剤薬局オートメーションシステムは、機械やロボットの助けを借りて完全な在庫システムを管理する、完全に自動化された薬局調剤システムです。世界の中央調剤薬局オートメーション市場は、医薬品のミスを減らし、患者層を拡大することに重点を置いているため、エンドユーザーの間で人気が高まっています。さらに、ほぼすべての産業分野で自動化の利用が拡大していることも、中央調剤薬局オートメーションの需要を高めています。

中央調剤薬局オートメーションシステムは、ロボットや機械を使って在庫管理や調剤プロセスを自動的に制御することで、人手を必要としないシステムです。英国保健省(Department of Health Policy Research Programme)の調査によると、英国のNHS(National Health Service)では、毎年2億3,700万件の投薬ミスが発生し、回避可能な薬物有害反応により数百人の死亡者が出ていると推定されています。中央調剤薬局オートメーション技術は、薬局のワークフローの改善、時間の短縮、人件費の削減、効率的な包装システムの構築などのメリットがあり、人気を集めています。例えば、McKesson社が運営するCFaaSは、処方箋に応じた料金モデルにより、薬局の処方箋1枚あたりの調剤コストを大幅に削減することができます。

市場の成長要因:薬局の負担増が市場を牽引

近年、薬局の負担を軽減するために、中央調剤薬局オートメーション市場の需要が高まっています。このような負担の増加は、がん、心疾患、免疫疾患などの慢性疾患の急増や、高齢者の増加に起因しています。WHOによると、65歳以上の高齢者の約28〜35%が毎年病気になっています。さらに、世界で2番目に重要な死因であるがんは、年間1,000万人の死亡原因となっています。このように患者数は増加の一途をたどっているため、薬局の自動化が求められています。中央調剤薬局オートメーションシステムは、コンピュータ制御による薬の調剤を可能にします。また、投薬ミスの危険性を減らし、調剤時間を短縮し、効果的な包装を行い、多様な種類のパケットを適切な場所に配送することができます。オーストラリア医療安全・品質委員会によると、病院全体で自動調剤システムを導入した結果、調剤ミスの発生率が0.64%から0.28%に減少したとのことです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]