汎用プラスチック市場、2027年に6,890億5千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の汎用プラスチック市場は、2021年~2027年の予測期間中CAGR6.1%で成長し、2027年には6,890億5千万米ドル規模に達すると予測されています。

世界の汎用プラスチック市場は、パッケージ、消費財、電子機器、自動車などの業界で汎用プラスチックが広く使用されていることが成長要因となっています。また、建設・自動車分野の増加や医療インフラの充実も、汎用プラスチック市場の需要を後押ししています。さらに、包装業界では、硬質包装に比べてコスト削減、材料の耐久性、製品の入手性、信頼性などの特性から、軟質包装の需要が高まっているため、市場は成長すると予測されています。

汎用プラスチックは、軽量で構造的に安定しており、耐摩耗性に優れています。汎用プラスチックは様々な形状に成形することができるため、パッケージに最適です。今後、食品や飲料の包装用ボトル、トレイ、クレートなどの需要の増加により、汎用プラスチックの需要が増加すると予測されています。汎用プラスチックは、他のプラスチックに比べて安価であり、機械的特性が少ないため、使い捨ての皿やコップ、グラスなどの製造に広く使用されています。

市場の成長要因:パッケージング産業の隆盛

汎用プラスチック市場の成長は、電子商取引分野の優位性を背景に、パッケージング産業を活性化させています。国連貿易開発会議(UNCTAD)の電子商取引によると、2019年の世界の電子商取引の売上高は、2018年から4%増の26兆7千億米ドルに急増しました。最近の顧客は、オンライン小売業者からより多くの商品を購入することを好むため、包装材の大きな需要が発生しています。汎用プラスチックは、低コスト、低機械的ストレス、耐摩耗性など、包装ビジネスに不可欠な特性を備えているため、高い需要があります。食品や飲料の包装用のボトル、トレイ、木箱などは、今後数年間、汎用プラスチックの需要を牽引し、世界の汎用プラスチック市場の成長を牽引すると予想されています。

市場の制約要因:環境保全への関心の高まり

プラスチック廃棄物に対する政府の厳しい環境規制や禁止令が、汎用プラスチック分野の成長を阻害しています。プラスチック廃棄物の分解率の低さは、土壌の栄養分を劣化させ、土壌の劣化につながります。また、プラスチックは海、湖、川、池などの水域に投棄されることがあり、これにより水が汚染され、水生動物の健康に影響を与えます。さらに、環境安全性やプラスチックの自然環境への廃棄に対する一般市民の危機意識が高まっていることも、市場の成長を妨げています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]