スマートパーキングシステム市場、2027年に172億米ドル規模到達見込み

市場の概要

スマートパーキングシステム市場は、予測期間中21.2%のCAGRで成長し、2027年には172億米ドル規模に達すると予測されています。

スマートパーキングは、ドライバーが自動車を安全かつ効率的に駐車するのに役立ちます。スマートパーキングシステム市場の成長は、主にIoTベースの技術の導入が進んでいることと、先進国と発展途上国の両方で自動車の普及率が高まっていることに支えられています。さらに、スマートパーキングシステムを導入したスマートシティの構築に向けた政府の積極的な取り組みも、スマートパーキングシステム市場の発展を後押ししています。

スマートパーキングシステムは、効率的で近代的な駐車場管理により、都市の交通の流れを最適化し、汚染を軽減する理想的な方法として登場しました。スマートパーキングシステムには、テクノロジーと人間のイノベーションが統合されており、資源の使用を減少させることができます。スマートパーキングシステムには通常、カメラ、センサー、IoT、超音波、RFID(Radio-frequency Identification)などが搭載されています。交通機関や自動車産業は、駐車場に大きく依存しています。スマートパーキングシステムは、駐車場の未使用スペースと使用済みスペースの数を表示し、ユーザーが最小限の時間でスペースに到達するように案内することで、ユーザーが効率的に車を駐車し、時間を節約するのに役立ちます。

市場の成長要因:IoTベースのスマートシティの増加

スマートパーキングシステムは、スマートシティを従来の都市とは異なるものにする重要な要素の1つです。テクノロジーの力によって、スマートシティはスムーズかつ効率的に運営されています。スマートシティでは、センサーや電子的手法を用いてデータを収集・分析します。そのデータから得られた洞察は、スマートシティの運営を改善するために使用されます。IoTに接続されたスマートシティでは、駐車場に設置されたモバイルアプリやスクリーンを通じて、駐車場の空き状況や占有状況を感知することができます。モノのインターネットを利用することで、駐車場の空き状況をワイヤレスでモニターすることができ、ユーザーは駐車場の最新の状況を知ることができます。この市場の成長を後押ししているのは、各国政府によるスマートシティの構築に向けた取り組みです。世界のスマートシティのパイロットプログラムの半数以上が中国で実施されており、約800のプログラムが進行中または計画中です。したがって、スマートパーキングシステム市場の成長は、IoTベースのスマートシティの急速な発展に起因すると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]