エポキシ硬化剤市場、2027年に53億米ドル規模到達見込み

市場の概要

エポキシ硬化剤市場は、2020年には39億米ドルの規模となり、さらに2027年には53億米ドルに達すると予測されており、2017年~2027年の予測期間のCAGRは4.7%で成長すると見込まれています。建築・建設業界では、塗料やコーティングを目的としたエポキシ硬化剤の需要が増加しており、これが市場の成長を大きく後押ししています。また、医療分野においても、保育器などの需要が急増しており、エポキシ硬化剤市場の成長を牽引しています。

エポキシ硬化剤は、エポキシ基と反応してエポキシ樹脂を硬化させます。これらの硬化剤は、主に塗料や、接着剤や複合材などの完成品の構成要素として使用されます。そのため、構造用接着剤や技術用接着剤として普及しています。エポキシ硬化剤は、自動車、スノーボード、航空機などの製造によく使われています。

市場の成長要因

1.建設業界におけるエポキシ硬化剤の需要拡大

建築・建設業界におけるエポキシ硬化剤の使用拡大は、世界のエポキシ硬化剤市場の成長を促進する大きな要因の一つです。エポキシ硬化剤は、建築物を頑丈にするために必要な硬度、強力な接着性、耐薬品性、耐熱性などの特性を備えているため、建築物やその他の施設の建設時のコーティング用途として普及しつつあります。エポキシ硬化剤市場は、経済成長のための建設活動の拡大に伴い、特に新興国において予測期間中に成長すると予想されています。

2.エポキシ硬化型塗料の進歩

例えば、2020年には、2液型のエポキシポリアミド塗料が、エポキシアミン反応性を持ち、保存性や耐食性に優れた1液型のエポキシ塗料に置き換えられました。新世代の1液型エポキシ塗料は、色安定性に優れ、生産性が向上し、塗装や再塗装の時間が短縮されるため、従来の塗料よりも優れています。このような進歩は、エンドユーザー産業におけるエポキシ硬化剤の需要を大きく促進しています。

市場の阻害要因:エポキシ硬化剤の過剰摂取による健康への影響の可能性と、原材料・部品価格の変動

エポキシ硬化剤は有害な化学物質です。エポキシ硬化剤のガスを長期間吸い込むと、鼻や喉、肺に影響を与え、炎症を引き起こす可能性があります。また、繰り返し大量に暴露されると、感作や喘息を引き起こす可能性があります。

また、エポキシ樹脂の原料価格の変動は、エポキシ硬化剤市場の成長を阻害する要因となります。価格が安定するまで、メーカーは十分な利益を得ることができず、操業を停止する可能性もあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]