アレルギー・免疫市場、2027年に45億米ドル規模到達見込み

市場の概要

アレルギー・免疫市場は、2020年に21億米ドル規模に達しました。市場は予測期間中11.2%のCAGRで成長し、2027年には45億米ドル規模に達すると予測されています。アレルギー・免疫市場の成長は、アレルギー疾患の有病率の増加、大気汚染の増加、アレルギーに対する様々な診断方法の登場などの要因に起因しています。さらに、特に欧米諸国ではアレルギーの有病率が増加していることから、効果的な制御や治療のための研究開発活動が活発化しており、アレルギー・免疫市場の成長を後押ししています。

アレルギーは、他の人には無害な環境中の物質に体が反応して起こります。アレルゲンとも呼ばれる無害な異物に体の免疫系が反応してしまう状態です。埃、カビ、花粉など多くの物質が、頻繁な喘ぎ、痒み、鼻水、目の痒みなど、人にアレルギー反応を引き起こします。

市場の成長要因

1.先進国での食物アレルギーの発生率の増加

食物アレルギーは、世界的に、特に欧米諸国で増加しています。推計によると、食物アレルギーは、英国では子供の約7%、オーストラリアでは9%、ヨーロッパでは大人の2%が罹患していると言われています。アレルギーは通常、致命的なものではありません。しかし、食物アレルギーがあると、食事制限が必要となり、心配や不安を感じることがあります。そのため、アレルギー治療薬の需要は高い伸びを示しており、世界市場の成長を促進しています。

2.アレルギー・免疫に関する研究開発活動の拡大

研究機関や製薬会社は、アレルギーの根本原因や症状のパターンを解明し、その治療法を開発するための研究開発活動を積極的に行っています。こうした動きは、今後数年間のアレルギー・免疫療法の需要を押し上げると予想されます。例えば、Pediatric Allergy and Immunology誌に掲載された新しい研究報告では、小児のアレルギー性鼻炎における臨床症状と併存疾患のパターンが調査されています。このような研究は、異なる人口層におけるアレルギーとそのパターンをより深く理解することで、治療の最適化に役立ちます。

市場の阻害要因:アレルギーおよび免疫療法に対する認知度の低さ

アレルギーは、人生を変えるような症状を引き起こすことのない特定の物質に対する免疫反応であることが多いです。そのため、アレルギー体質の人の多くは、アレルギーの治療を受けようとしません。アレルギー治療と免疫療法に関する人々の認識不足は、世界のアレルギー・免疫市場にとって大きな阻害要因の一つです。さらに、アレルギーの症状は、風邪や喉の痛みなど、他の問題と混同されやすく、市場の成長を妨げています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]