玩具・ゲーム市場、2027年に4,031億米ドル規模到達見込み

市場の概要

玩具・ゲーム市場は、2020年には2,761億米ドルの規模に達しました。同市場は2021年から2027年の予測期間に5.7%のCAGRで成長し、2027年には4,031億米ドルに達すると予測されています。高所得者層の顧客が出現したため、世界の玩具・ゲーム市場は驚異的な成長を見せています。さらに、漫画や映画、テレビの人気キャラクターをモチーフにした玩具やゲームが世界中で人気を博しており、これが市場を牽引しています。その他にも、知育玩具や科学玩具の人気や、持続可能で再利用可能な環境に優しい玩具への需要の高まりなど、玩具やゲームの需要拡大を促進するトレンドがあります。

ガラガラ、テディベアなどのぬいぐるみ、車のおもちゃ、人形、ロープ、ジグソーパズル、ボードゲームなど、子どもが遊ぶために使用するあらゆるアイテムを玩具又はゲームと呼びます。親がエコロジー玩具に関心を持つようになったこと、伝統的な玩具やビデオゲームが復活したこと、組み立て・建設玩具の知力向上効果が認識されるようになったこと、モバイルベースのゲームの人気が高まっていることなどが、世界の玩具・ゲーム市場の成長に貢献しています。また、伝統的なレクリエーション活動が若者の間で人気を集めていることも、世界の玩具・ゲーム市場を牽引しています。さらに、ミレニアル世代が社交の場で昔ながらのゲームを好むようになっていることも、市場の成長を後押しすると予想されます。

市場の成長要因

1.テクノロジーの影響によるビデオゲームの普及

ビデオゲーム開発会社は、経常収益型のビジネスモデルを構築しており、過去数年間、世界の玩具・ゲーム市場の拡大に大きく貢献してきました。これは、ビデオゲームを継続的に利用することで、時間の経過とともに売上が増加するためです。消費者は、ビデオコンテンツ、バーチャルリアリティ製品、ビデオゲームトーナメントなどに多くのお金を費やしているため、テクノロジーの拡大は、世界の玩具・ゲーム市場の大幅な成長につながっています。さらに、ソフトウェアの流通が物理的なものからデジタルに移行していることや、モバイルゲームやオンラインゲームが拡大していることもあり、市場は急激な成長を遂げています。

2.テレビ番組の人気の高まり

世界の玩具・ゲーム市場の成長に影響を与えている大きな要因の一つが、テレビ番組や映画の人気の高まりです。「Star Wars」、「Frozen」、「Despicable Me」などのいくつかの大ヒット作が、高い売上をもたらしています。さらに、専門店では、「ゲーム・オブ・スローンズ」、「ペニー・ドレッドフル」、「ブレイキング・バッド」、「ビッグバン・セオリー」など、多くの人気テレビシリーズを宣伝しています。例えば、米国の小売店のひとつであるHot Topicは、テレビ番組のグッズやアニメのコレクターズアイテムが収入のかなりの部分を占めています。一方、コレクターズアイテムの売上は、この予測期間中に増加する可能性が高く、それが世界の玩具・ゲーム市場の成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]