マイクロ流体コンポーネント市場、2027年に76億1千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

マイクロ流体コンポーネント市場は、2020年には35億6千万米ドルの規模に達しました。2021年から2027年の予測期間には11.6%のCAGRで成長し、2027年には76億1千万米ドルに達すると予測されています。この市場の成長は、小型携帯機器、家電製品、ウェアラブル機器の需要が世界的に増加していることが背景にあります。また、医療関連投資の増加により、体外診断薬の需要が高まり、それがマイクロ流体コンポーネントの成長を後押ししています。さらに、マイクロ流体コンポーネントの使用が増えることで、消費者に正確で精密なデータを提供できるというメリットがあり、それが市場の成長を後押ししています。しかし、この市場の主な課題は、コンポーネントの標準化と商業化です。

マイクロ流体コンポーネントは、ラボオンチップアプリケーションに採用されています。ラボオンチップアプリケーションは、複数の手順を1つのチップにまとめたものです。これらのコンポーネントは、高効率で、感度、機器の可動性、分析速度を提供することができます。さらに、従来の方法と比較して、サンプル、試薬、化学物質の使用量が少なくて済みます。マイクロ流体コンポーネントには、アクリル、ガラス、シリコンなどの熱可塑性プラスチックや、光学的に透明なシリコーンゴムであるポリジメチルシロキサン(PDMS)(光周波数は240nM~1100nM)が使用されます。また、体外診断の需要が高まっていることも、マイクロ流体コンポーネント市場の成長を促進しています。

市場の成長要因:診断分野での幅広い応用が市場需要を牽引

ポイントオブケア診断の普及により、通院回数が減り、病気の早期診断が可能になりました。マイクロ流体コンポーネント、特にマイクロ流体と統合されたバイオセンサーを使用することで、ポイントオブケア診断は、再診の電話を89%削減し、再診患者の訪問を61%削減します。例えば、高性能マイクロ流体制御の世界的パイオニアであるエルベフロー社は、そのマイクロ流体技術を用いて、毒素の検出、DNA配列の分析、インクジェット印刷装置などを開発しています。マイクロ流体コンポーネントは、感度、安定性、正確性、手頃な価格、そして低侵襲のポイントオブケア技術を提供します。さらに、マイクロ流体コンポーネント市場は、高い投資収益率を実現し、エラーを最小限に抑えることでコスト管理にも役立ちます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]