データセンターインフラストラクチャ管理(DCIM)市場、2027年に38億米ドル規模到達見込み

市場の概要

データセンターインフラストラクチャ管理(DCIM)市場は、クラウドコンピューティングの急速な普及と、データセンターの効率的な管理によるエネルギー消費量の削減と効率性の向上により成長しています。

データセンターインフラストラクチャ管理(DCIM)市場は、2020年に16億米ドル規模となりました。また、2027年までの予測期間中、市場は13.2%のCAGRで成長し、2027年には38億米ドル規模に達すると予測されております。この市場が高度に発展しているのは、クラウドコンピューティングの急速な普及と、データセンターの効率的な管理によるエネルギー消費量の削減と効率性の向上によるものです。また、リアルタイム分析などの次世代DCIMサービスの開発が、予測期間中の世界のデータセンターインフラストラクチャ管理(DCIM)市場の成長を促進すると予想されています。

データセンターインフラストラクチャ管理(DCIM)とは、組織のハードウェアおよびソフトウェア資産、またはデータセンターを調整・管理することを指します。DCIMシステムは、監視、測定、管理などのさまざまなツールを提供します。また、データセンター内のすべてのIT関連機器のエネルギー消費を制御します。さらに、DCIMは、将来のデータセンターの要件を予測するのに重要な、過去のデータを提供します。さらに、このようなデータを分析することで、オペレーターは、エネルギー効率を高めるためにインフラに物理的な変更を加えることができます。

市場の成長要因

1.クラウドコンピューティングへの依存度の高まり

データセンターは、クラウド技術に最も必要なコンポーネントの一つです。クラウド技術の導入が進んでいることから、クラウドデータセンターは大量の企業データのワークロードをサポートしています。データセンターや企業は、クラウドストレージと有形ストレージの両方のオプションを統合することで、増大するデータストレージ需要に対応すべく、常にインフラや技術を開発しています。そのため、大企業はデータセンターのインフラ整備に投資するケースが増えており、これが予測期間中の市場を押し上げる要因になると考えられます。

2.コロケーションデータセンターの動向と採用の拡大

コロケーションデータセンターは、特に中国、インド、韓国などの新興国で大きな人気を集めています。コロケーションサービスは、費用対効果が高く、高負荷のデータをより効率的にサポートできるため、中小企業によく利用されています。コロケーションデータセンターの隆盛は、世界のデータセンターインフラ管理(DCIM)市場に大きな成長機会をもたらしています。さらに、コロケーションプロバイダーは、センターの効率を高め、利益率を拡大するために、DCIMソフトウェアを採用する傾向にあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]