指紋防止コーティング市場、2027年に9億8,340万米ドル規模到達見込み

市場の概要

指紋防止コーティング市場は、2020年には6億8,030万米ドル、さらに2017年~2027年の予測期間中のCAGRは5.5%で成長し、2027年には9億8,340万米ドルに達すると予測されています。この市場が大きく成長しているのは、スマートフォン、ウェアラブル、ラップトップ、タブレットなど、さまざまな消費財の需要が増加しているためです。さらに、自動車や建設業界での指紋防止コーティングの用途が拡大していることも、世界の指紋防止コーティング市場に豊富な成長機会をもたらすと予想されます。また、セラミック製の衛生用品の生産量が増加していることも、指紋防止コーティング市場の成長を後押ししています。

指紋防止コーティングは、木材、ガラス、金属などの表面に指紋が付くのを防ぐために使用されます。指紋防止コーティングの多くの利点の中には、汚れ防止機能があります。指紋防止剤を塗布した表面の指紋は、肉眼では見えないか、ごくわずかに見える程度です。この種のコーティングは、フルオロカーボンのような親油性の化学物質で構成されています。先進国、途上国を問わず、ガラス張りの建物が増えていることから、指紋防止コーティングの普及が進んでいます。

市場の成長要因

1.消費財業界での指紋防止コーティングの採用の増加

消費財業界における指紋防止コーティングの採用が急速に拡大しています。中国やインドなどの新興市場におけるスマートフォン、タブレット、ウェアラブルの需要増加が、指紋防止コーティング市場の成長を促進しています。例えば、Xiaomi社が最近発売したMi Band 6は、指紋防止コーティングを施した強化ガラスで保護されています。同様に、中国のスマートフォンメーカーであるNubia社も、MFi認証を取得した共同ブランドの指紋防止コーティング付きUSB Type Cライトニングケーブルを発売しました。また、電子機器メーカーでも指紋防止コーティングの採用が進んでおり、市場の成長に貢献しています。

2.指紋防止コーティングの進化

指紋防止剤は化学組成上、外的要因に対してより効果的な処方とするために、メーカーは研究開発に力を入れています。その結果、その用途は従来のエンドユーザーの業界を超えて拡大しています。例えば、サムスンは最近、自己修復機能を備えた指紋防止剤の特許を取得しました。また、フラウンホーファー製造技術・先端材料研究所(IFAM)が開発した新しい指紋防止ナノコーティングは、指紋をほとんど目立たなくすることができます。このような指紋防止コーティングの進歩により、様々な産業分野での採用が可能となり、世界の指紋防止コーティング市場の成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]