穀物タンパク質分析装置市場、2027年に21億9,410万米ドル規模到達見込み

市場の概要

穀物タンパク質分析装置市場は、2020年には15億610万米ドルの規模となりました。さらに、2014年~2027年の予測期間中のCAGRは5.7 %で、2027年には21億9,410万米ドルに達すると予想されています。

食中毒の発生件数の増加、穀物取引のグローバル化、タンパク質を多く含む食品の需要拡大、食品・飼料に対する厳しい安全・品質規制、スポーツ栄養分野での全粒粉の需要拡大などが、世界の穀物タンパク質分析装置市場の成長を促進する要因となっています。技術の進歩も世界の穀物タンパク質分析装置市場の成長に貢献しています。

穀物タンパク質分析装置は、穀物サンプルに含まれるタンパク質のレベルを算出するための分析装置です。高品質で栄養価の高い食品に対する需要の高まりが、世界の穀物タンパク質分析装置市場を牽引しています。食事に含まれるタンパク質は、食事療法に欠かせない要素となっており、摂取量を増やすために栄養補助食品を摂取する人もいます。また、栄養価の高い食品を食べることの必要性に関する消費者の知識が高まっていることや、農業プロセスにおける技術的なブレークスルーも、この市場の成長を後押ししています。

市場の成長要因

1.穀物貿易のグローバル化

農産物の貿易が盛んになると、害虫や病気を現地でコントロールし、抑制することが難しくなります。また、グローバル化は、何世紀にもわたって培われてきた文化的遺産やつながりを破壊するのではないかという社会文化的な懸念をもたらします。重要なのは、過剰な生産能力を削減し、穀物の品質を維持するためのメカニズムを開発することです。穀物の品質が重要視されている結果、穀物タンパク質分析装置は、予測期間中に高い需要が見込まれています。

2.食品・飼料に対する厳しい安全・品質規制

食品の安全性と品質、さらには国際貿易のために、国家機関の間で実務と基準の調和を図ることが世界的な推進力となっており、これが穀物タンパク質分析装置の利用を促進すると考えられます。例えば、欧州食品安全機関(European Food Safety Authority)は、科学的助言を行う独立した機関として、2002年にEUにより設立されました。英国政府は2001年に、既存の多くの組織を1つの機関に統合して、食品安全の促進と政府への助言を目的とする独立した食品基準庁(FSA)を設立しました。同様に、インドでは2006年に食品安全基準法が制定され、複数の機関が統合されてインド食品安全基準局(FSSAI)が設立されました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]