ミラーコーティング市場、2027年に12億7千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

ミラーコーティングは、ミラーの表面を研磨して反射させるためのものです。これらの保護層は、銀やアルミのガラスミラーの裏面に塗布され、光の反射を行います。耐久性、質感、色など、最終製品の品質を保持するのに役立ちます。

ミラーコーティング市場は、2020年に6億7,110万米ドルの規模に達しました。市場は予測期間中9.8%のCAGRで成長し、2027年には12億7千万米ドルに達すると予測されています。このように同市場が高い成長率を示しているのは、様々な産業で幅広く使用されているからです。その質感、色、耐久性から集光型太陽光発電に採用されたことが、市場全体を大きく押し上げています。さらに、建築用ミラーの需要が高まっていることも、世界のミラーコーティング市場の成長を後押ししています。

ミラーコーティングは、ミラーの表面を磨いて反射性を高めるために使用されます。これらの保護層は、光反射のために銀やアルミのガラスミラーの裏面に塗布されます。耐久性、質感、色など、最終製品の品質を保持するのに役立ちます。コーティングがなければ、ミラーは単に透明で、すべての光を通してしまう。ミラーのコーティングには、反射率の高い銀やアルミニウムのコーティングが一般的に用いられます。ミラーコーティングには、銀が最も多く使用されているため、一般的にはシルバーリングと呼ばれています。しかし、多くの場合、銅や金などの他の金属も使用されます。

市場の成長要因

1.活発な建築・建設分野

様々な商業施設や非商業施設の建設が、世界のミラーコーティング市場の成長に大きく影響しています。最近の建築物は主に鏡を使用しており、そのためミラーコーティングの需要が急増しています。特に新興国の政府は、住宅、オフィス、病院などの建設に様々な取り組みを行っています。鏡は建物の外壁に追加され、建物の内面や内部環境を涼しく保つために使用されます。また、建物に美観を与える効果もあります。

2.太陽光発電産業におけるミラーコーティングの使用

先進国を中心に、省エネルギーや再生可能エネルギーの利用に対する意識の高まりとともに、太陽光発電の人気が高まっています。ソーラープレーンは、低コストの反射鏡、レンズ、集光文字で構成されており、パネルの表面上の光強度をつかむことができます。また、ミラーは雨や太陽という過酷な環境にさらされることになるため、頑丈で変化に強いことが求められます。このため、太陽光発電産業ではミラーコーティングが使用されており、市場全体の需要を押し上げています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]