ELISpotおよびFluoroSpotアッセイ市場、2027年に6億540万米ドル規模到達見込み

市場の概要

ELISpotおよびFluorospotアッセイ法では、免疫系を単一細胞レベルで研究することができます。この方法では、抗体を塗布した顕微鏡プレート上で細胞を培養します。細胞から放出された分子成分は、抗体によってブロックされます。この手法は、さまざまな感染症やがんの研究によく用いられています。

ELISpotおよびFluoroSpotアッセイ市場は、2020年に1億6,710万米ドル規模に達しました。予測期間中は20.6%のCAGRで成長し、2027年には6億540万米ドル規模に達すると予測されています。インフルエンザなどの感染症に加えて慢性疾患の発生が増加していることや、ワクチンの開発やウイルス感染のモニタリングに重点を置いた政府の取り組みなどが、世界のELISpotおよびFluoroSpotアッセイ市場の成長を促進する要因となっています。

ELISpot(酵素結合免疫吸着スポット)は、1つの細胞から分泌されるサイトカインの頻度を評価する方法です。サイトカインは低分子タンパク質の一種です。ELISpot法は、適応および自然免疫反応の評価にますます使用されています。一方、FluoroSpot法は、ELISpot法の特性に加えて、同時に複数の分析物の分泌を調べることができる技術です。この評価技術は、同じ細胞レベルにある様々な挙動や機能を持つ細胞の研究に役立ちます。

市場の成長要因

1.様々な感染症の流行の高まり

世界保健機関(WHO)の推計によると、過去20年間に約30の新しい病気が出現し、世界中の何百万人もの人々の健康を脅かしています。HIVやCOVID-19をはじめとするさまざまな感染症が増加しており、効果的な治療法の開発が重要な課題となっています。HIV、小水疱瘡、肝炎、結核などの病気の挙動を調べるのにELISpotやFluoroSpotアッセイが有効であることが証明され、大きな需要があります。このような評価は、免疫系の反応を調べることで、予防接種の開発に役立ちます。このような背景から、ELISpotおよびFluoroSpotアッセイ市場は、ここ数年、大きな成長を遂げています。

2.免疫反応の研究に向けた研究開発の拡大

ELISpotおよびFluoroSpotアッセイは、Th1/Th2応答の研究、ワクチン開発、ウイルス感染のモニタリングと治療、自己免疫疾患、移植など、さまざまな目的で使用できるという利点があるため、多くの投資家の注目を集めています。政府や民間の機関も、ELISpotやFluoroSpotアッセイの使用を含む研究開発に資金を提供しています。これらのアッセイは、病原体に対する免疫系の反応を検出・追跡するのに非常に役立ちます。その結果、ELISpotおよびFluoroSpotの需要が拡大しています。

市場の阻害要因:代替手段の存在

ELISpotおよびFluoroSpotは人気があり、広く使用されていますが、研究者がその代替オプションに頼る原因となる変数がいくつか存在します。その結果、プロセス中に細胞が失われる可能性が非常に高くなります。さらに、マイクロエングレービング、バーコードチップ、TIRFM(Total Internal Reflection Fluorescence Microscopy)など、細胞分泌物を検出するための他のオプションが利用可能であることも、市場の成長を妨げる大きな要因の一つです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]